ワカメ

若返りにはミネラルたっぷりのわかめをたっぷり食べる

体にこもった熱を余分な水分を排泄し、気を巡らせることで便通や尿の出を促進したり、甲状腺のトラブルを改善します。
特徴的な栄養素は、100gあたり、カリウム 730mg、カルシウム、100mg、ビタミンC 15mg、食物繊維 3.6mg。

ワカメ
ワカメ

水分代謝の異常を治す作用がある

日本近海の特産で、昔から日本では食用にされてきました。日本人には水分代謝の異常が多く、その症状は名岐にわたっています。

小便の出が悪くなったり、むくみ疾がたくさん出る咳、リンパ腺腫などのしこり、神経痛や膝関節炎、高血圧なども水分代謝の異常が関与しているためといわれます。

ワカメには水分代謝の異常を治す働きがあります。ワカメに豊富に含まれるカリウムやアルギン酸にはよぶんな塩分を体外に排泄する働きがあり、水分代謝をよくしてくれるのです。豊富に含まれるミネラルやベータ・カロチンなどビタミンが、これらの症状緩和に寄与すると同時に老化を防止し若返りに効果を発揮します。

甲状腺障害、貧血、関節炎の痛みにも

ワヵメはミネラルに富んでいますが、特にヨード含有量は昆布以上です。ヨードはアミノ酸と結合して甲状腺ホルモンを作る働きがあり、甲状腺腫など甲状腺障害や粘液水腫など、むくみに効力を発揮します。

そのほか骨や歯を強化し、精神安定に作用するカルシウムや、増血作用のある鉄分を多く含み、貧血やめまい、冷え性などに有効に働きます。

ヌメリ成分に、降圧作用、抗ガン作用

ワカメは長い間煮ているとドロドロになりますが、これは食物繊維の一種であるヌメリ成分のアルギン酸やフコイジンが水に溶け出したためです。

アルギン酸は、悪玉コレステロールを減らし、高血圧や動脈硬化の予防に働くほか、免疫力を高めてガン発生を抑制する働きや、洒毒を分解する作用もあり、二日酔に有効です。フコイジンは血液凝固を阻止して血液をサラサラにする作用があり、血栓予防に効果があります。

ワカメにプラスすると効果的な食品

選び方

生わかめは、濃い緑色でつやがあり、肉厚で弾力のあるものを。乾燥わかめは、つややかな黒褐色のものを。

保存方法

生わかめは冷蔵しても痛みやすいので、早めに食べる。塩蔵わかめはポリ袋に入れて冷蔵。乾燥わかめは乾燥剤と一緒に密閉袋に入れて冷暗所で保存。

現代女性に必要なミネラル(マグネシウム・カルシウム) | ビタミンの効能・効果

のり

肌の色素沈着予防、血圧降下にも効果

豊富なβ-カロテンの抗酸化作用により動脈硬化、生活習慣病の予防に役立ちます。腫瘍などの改善にも有効で咳や痰も鎮めます。また、のりに含まれる多糖類は高脂血症や動脈硬化を予防し、心筋の収縮力を高める効果があります。

海苔
海苔

特徴的な栄養素は、100gあたりカルシウム 140mg、ビタミンC 140mg、ビタミンA(β-カロテン)43000マイクログラム、鉄 10.7mg、カリウム 3100mg、ビタミンB1 1.21mg。

大豆にも負けないたんぱく質

のりには、ほかの海藻類と同じように、ミネラルやビタミン、食物繊維が豊富に含まれています。
骨や歯を強くし、精神安定効果の高いカルシウム、体にできる固まりやしこり、甲状腺腫などの障害を改善し、成長機能の促進にも働くヨード、便通をよくし、悪玉コレステロールを除去して動脈硬化などを防ぐ食物繊維などが、たっぷり含まれているのです。

また、利尿作用のぁるカリウムを豊富に含み、むくみや小便が出にくい症状に効果的です。体のもとをつくり、健全な発育に重要な役割を果たすたんばく質はなんと35% も含まれ、ほぼ大豆に匹敵する量です。

豊富なビタミンがシミ、ソバカスを予防

ビタミンA やB1、B2、C を多量に含み、ビタミンの含有量は海藻中でトップクラスです。なかでもビタミンAが多く、干しのり2枚でウナギのかば焼き1串分に相当します。

ビタミンAやCは活性酸素の除去作用があり、皮膚に潤いを与え、シミやソバカスの原因であるメラニン色素の沈着を防いでくれます。

体力消耗を防ぎ、コレステロール値を下げる

ほかの食品にあまりないビタミンBを多量に含んでいます。これが不足すると体力や精力が落ちたり、貧血を起こしたりします。

のりを食べていると夏の暑さがしのげ、体力の消耗を防ぐといわれるのもこのためです。のりをあぶると緑色が冴えてきますが、これは葉緑素が含まれているからです。葉緑素には粘膜のただれを治し、コレステロール値を下げ、口臭を消す働き、血流を促す増血作用などがあります。また繊維質のポルフィオシンには、抗潰瘍作用や、抗菌作用があります。青のりにはタバコのニコチンを浄化させる効果があります。

のりにプラスすると効果的な食材

選び方

つやがあり、ややあおみがかかった黒紫色のものが良品。形がきれいな四角で厚さにムラがなく穴が開いていないもの。

保存方法

開封後は感や密閉できる袋に乾燥剤と一緒に入れ、直射日光の当たらない低温の場所に置き、早めに食べる。

おいしいノリは栄養価も高い | コンブの降圧効果

ひじき

ばつぐんの鉄分、カルシウム含有量をほこる

ひじき
ひじき

血を補い、貧血、抜け毛、乾燥肌を予防します。血行をよくして水分代謝を高めるためしこり、痛み、しびれ、むくみなどの症状を緩和させます。

特徴的な栄養素は、100gあたり、食物繊維 43.3g、カリウム 4400mg、マグネシウム 620mg、ビタミンA(β-カロテン)3300μグラム。

骨粗鬆症を防ぐカルシウムが、昆布の2倍も

ひじきはほかの海藻類同様、ミネラル、ビタミンなどが豊富ですが、とりわけカルシウムと鉄分の含有量は抜群で、海藻中ナンバーワンです。

カルシウムはけた違いに多く、じつに昆布の2倍、のりの4倍近くも含まれています。ひじき大さじ2杯に含まれるカルシウムは、鶏7個、牛乳200gに相当するほどです。

またカルシウムの吸収を助けるマンガンも多量に含まれているので、吸収がよいのが特徴です。カルシウムは骨の成長、維持に重要なミネラルです。また高血圧や動脈硬化を防ぐ作用、精神不安を解消する働きもあります。

貧血を防ぐ鉄分が牛乳の550倍も

鉄分は、なんと牛乳の550倍というから驚きです。鉄分の1日の所要量は12gですが、ひじき大さじ2杯強でこの量が補給できるほどです。増血作用のある鉄分は、月経のため慢性的な鉄分欠乏状態にある女性にとっては強い味方です。

貧血や肩こり冷え性などから解放してくれます。さらにひじきはごぼうの6.5倍もの食物繊維を含み、腸内をそうじして便秘解消や成人病の予防に効果をあらわします。

甲状腺障害、高血圧、むくみを改善する

そのほかひじきには、硬いしこりをやわらかくする作用と炎症をやわらげる作用があり、甲状腺やリンパ腫の食餌療法に用いられています。これは主にヨードの働きによるものです。

また豊富なアルギン酸は血液の凝固を阻止し、血中コレステロールを軽減する作用があり、動脈硬化の予防や血圧降下に働きます。さらに10 % 近く含まれる糖質のマンニトールは利尿作用があり、むくみなどに効果的です。

ひじきにプラスすると効果的な食材

選び方

乾燥ひじきはよく乾燥していて大きさが揃っているもの。生ひじきはみずみずしくてつやがあり、ふっくらとしているもの。

保存方法

乾燥ひじきは直射日光の当たらない冷暗所で保存。生ひじきは冷蔵庫に保存し、消費期限内に食べる。

昆布

高血圧、成人病予防に優れた効果

昆布
昆布

多くの薬効をもった「海の野菜」

ヨード、カリウム、カルシウムなどのミネラル類、食物繊維など、健康を維持するうえで不可欠な成分を多量に含み、多くの薬効があることから「海の野菜」とも呼ばれ、評価は高まる一方です。

海藻類のヨードが甲状腺障害を治す

昆布はヨードを多量に含んでいます。ヨードは甲状腺ホルモンの生成に不可欠な成分で、甲状腺機能の不足を補うと同時に、バセドー病など甲状腺機能の克進による症状を軽減してくれます。

また炎症によって出る渉出液の吸収をよくし、おできゃ腰痛を溶解させる働きもあります。

漢方ではこの作用を「軟堅」と呼び、昆布をリンパ腺腫やしこったおできの治療に応用しています。食物繊維はごぽうの倍以上含み、腸内環境を調え、便通をよくします。

繊維成分のうちフコイジンには免疫力を高める働きがあり、抗ガン作用が期待できます。さらに血液が固まるのを防ぐ働きもあり、脳血栓や心筋梗塞の予防に役立ちます。

アルギン酸、カリウムと降圧作用が豊富

水溶性繊維のアルギン酸は、よぶんな塩分を体外に排泄する作用があり、降圧効果や血中コレステロールを軽減する効果があります。

また放射元素の吸収を抑えて白血病などの予防に作用します。さらに抗潰瘍作用もあり、大腸の環境を準えて、乳酸菌やビタミンB2の発生を助け、ガンの発生まで抑制してくれます。

昆布の表面の白い粉はマンニットという成分で、利尿作用があり、むくみを取り、血圧を下げます。さらに塩分の排泄作用があるカリウムも豊富で、高血圧や成人病予防に効果を発揮します。

昆布にプラスすると効果がアップする食材

昆布水で快便、血圧安定、血管の若返りも!がごめ昆布 | 減塩食にチャレンジ – 高血圧を改善する方法