鶏卵

滋養・強壮にすぐれた完全食品

鶏卵
鶏卵

たんぱく質100をほこる理想的なアミノ酸組成

鶏卵 のたんばく質は、8種類の必須アミノ酸をすべて含む理想的な組成で、その価値をあらわすたんばく価は最高の100を誇ります。

特に豆類や穀類に少ないメチオニンを多く含み、肝機能障害や増毛に効果があります。

また脂肪やたんばく質の代謝を助けるビタミンB2を肉類の3倍も含むため、利用効率がよいのが利点です。そのほかビタミンやミネラルも豊富で、その栄養価の高さから、完全食品ともいわれています。

病後の衰弱、栄養不良、不眠などに有効

これらの働きにより、鶏卵には全身の骨、筋肉、血液、体液などの不足を補う作用があります。

病後の衰弱や栄養不足に特に効果があり、血液が不足して起こるめまいや目のかすみにも有効です。また体力の衰えによるイライラ、胸苦しさや動悸を訴える不眠にも効果的です。

さらに声がかすれる、喉が乾燥して痛むなどの症状や、子どもの下痢、妊婦の胎動不安にも効きめがあります。

卵黄には老化防止、健脳に働くレシチンがたっぷり

卵黄は体に必要な脂肪を豊富に含んでいます。なかでも、脳や神経が最も必要とするレシチンを30% 以上も含有しており、記憶力や知能を向上させ、老化やボケを防いでくれます。

そのほかカルシウム、鉄分、ビタミンA、B1、B2、Eなども豊富で、血液の補給や体液の調整作用にすぐれています。

そこで、発熱によって起こるけいれんや意識不明の予防、過労からくる吐血などに効果をあらわします。

卵白のたんばく質は卵黄よりすぐれ、脂肪は含まれていません。卵白には気道に働く滋潤作用があり、喉の痛みや突きあげるような咳に効果を発揮します。外用すれば、炎症を取り、耳下腺炎や扁桃腺炎の腫れに有効です。

鶏卵 にプラスすると効果的な食材

選び方

殻の表面がざらざらして、持ったときに重みを感じ、光にかざすと透けるように見えるものが新鮮。製造年月日の新しいものを選ぶ。

保存法

とがったほうを下に向けて冷蔵庫で保存。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください