大根

消化吸収を良くする

大根
大根

消化酵素が胃腸の機能を高める

ビタミンCが豊富な大根には、ジアスターゼなどのいろいろな消化酵素が含まれています。大根が昔から消化に良いといわれているのは、デンプンを分解する消化酵素のジアスターゼやアミラーゼ、タンパク質を分解する消化酵素のセテラーゼなどがたくさん含まれているからです。

これらの消化酵素は、胃もたれや胃の痛み、お腹の張りといった症状に対し効果的です。食べ過ぎ、飲み過ぎによる胸やけ、二日酔いにも効き目をあらわします。

ただし、加熱すると、この消化酵素は壊れてしまうので、大根おろしやサラダにしたりと、生のまま食べることが大事なのです。

発ガンを抑制する

消化酵素類には解毒作用もあって、焼き魚の焦げた部分に含まれる発ガン性物質をやっつけてくれます。焼き魚に大根おろしが添えられているのには、こういった意味があります。

さらに、大根には、ガン細胞の発生を抑制する食物繊維のリグニンが含まれています。セルロースやペクチンなどの食物繊維も多く、腸内をきれいに掃除してくれるので、便秘の改善にも役立ちます。

大根にプラスすると効果的な食材

大根と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

ガンを抑制するためには、おろしなど生で食べたほうが良いです。ビタミンCの損失を防ぐには、おろしたてを食べましょう。天日干しにしたものや煮ものなら、胃腸をあたため、消化吸収を増進します。

選び方

葉に近い青首の部分が明るい緑色でずっすりと重みがあり、ひげねの穴が深くない物。

保存法

根と葉は別々に湿らせた新聞紙で包み、冷暗所で保存。カットされたものは、ラップに包んで冷蔵庫の野菜室へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください