ニンジン

カロテンが肺ガン予防に特に有効

にんじん
にんじん

にんじん1本で肺ガンを予防する

ニンジンといえば、βーカロテンの宝庫だということはよく知られていて、たくさんの野菜の中でも、その含有量はトップクラスです。

また、カロテンのほかにもガンを抑制する複合成分をもっていて、例えばすい臓ガンになる確率を減少させるなど、ガンの抑制に有効な食材の筆頭にあげられています。

専門家の研究によると、肺ガンの抑制作用に特に優れていることが明らかにされています。

ニンジンをはじめカロテンが豊富に含まれている食品を摂っている人は、肺ガンにかかる確率が半分になって、1日にニンジンを1本食べれば、ガンの予防に効果的であるという報告もあるようです。

便秘の改善と高血圧の予防

ニンジンにはカロテンのほか、ビタミンCを除いたビタミン類や、カルシウム、カリウム、ヨードなどのミネラル類が豊富に含まれています。琥珀酸カリウムには血圧を下げる作用があって、食物繊維がもつLDL悪玉コレステロールの減少作用と協力し、高血圧に対して力を発揮します。最低血圧が上昇している人には特に有効です。

意外と食物繊維も多いので、便秘を改善したり、大腸ガンを予防するのにも役立ちます。

冷え性を改善、血糖値を低下させる

ニンジンは、体の活力不足を補うはたらきをします。足がだるかったり、疲れやすかったり、物忘れをするようになったり、などの症状を改善してくれます。

ほかに、胃腸のはたらきを高める作用もあるので、胸やけや胃の痛み、胃弱からくる下痢などに効果的です。それと同時に、下半身を温める作用もあって、冷え症の女性に適したうれしい食品です。

さらには、ニンジンから抽出した成分に血糖値を下げる作用があり、糖尿病の予防や治療にも用いられています。

ニンジンにプラスすると効果的な食材

ニンジンと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

ニンジンは皮の付近にカロテンが多く含まれているので、皮ごと食べる、またはできるだけ皮を薄くむきましょう。油を使うと栄養の吸収力が良くなります。

ビタミンCを破壊してしまう酵素が含まれているので、大根などのビタミンCをたくさん含んだ食材との組み合わせには注意しましょう。

選び方

色が鮮やかで表皮に張りがあるものが良品。茎の切り口(芯の部分)が大きいとかたいので小さいものを選ぶ。

保存法

湿気に弱いので、水気をふいて新聞紙に包み、冷暗所で。夏場ならポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください