トマト

さまざまな効能をもつ野菜

トマト
トマト

高血圧、成人病を防ぐ

トマト に含まれている有効成分としてよく知られているものといえば、やはりリコピン。

真っ赤なトマトはまさにビタミン類の宝庫ですが、トマトの赤い植物色素のリコピンには、β-カロテンの2倍の抗酸化力があって、ビタミンCやクエン酸などほかの抗酸化物質とともに、生活習慣病を予防します。

血圧を下げる作用は、多量に含まれているビタミンCのはたらきによるものです。

ビタミンCは、ルチン やカリウム 、食物繊維の  ペクチン と協力して血圧を下げて、高血圧を改善するようはたらきます。加えて、血清コレステロールを低下させるはたらきもあるので、 高血圧症 で悩んでいる人には、トマト は最適な食品です。

また、クロロゲン酸は、ガン物質ができないように、食べ物の消化の過程で強力にはたらきます。

とても強い抗酸化作用を発揮して、活性酸素を除去し、ガン、心臓疾患、脳卒中の三大成人病を阻止することで注目されています。

糖尿、肥満、出血も防ぐ

糖や脂肪の代謝を改善するようにはたらき、糖尿病や肥満に対し有効です。トマトに含まれているフラボノイドのルチンは、毛細血管を強くして出血を防ぐ作用があります。眼底出血や鼻血、歯茎からの出血などにも効果的です。

むくみを改善する

トマト の酸味のもととなっているクエン酸やリンゴ酸は、乳酸などの疲労物質を取り除くはたらきがあります。炎症を抑えながら、むくみを軽減します。

トマト にプラスすると効果的な食材

トマト と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。料理のときには、是非組み合わせて効果アップしましょう。

食べ方のポイント

生で食べるのが、いちばん効果を生かせます。栄養を逃さないためには、皮や種もまるごと食べましょう。
カットするなら、食べる直前に切るのがベストです。

選び方

表面が赤くてツヤがあり、実がひきしまってかたいものを選ぶ。

保存法

緑色の部分がある場合は、常温で追熟する。真っ赤な完熟トマトはポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保存。

関連ページ:
トマトのリコピンによるガン抑制効果

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください