油揚げ・厚揚げ・がんもどき

豆腐よりコレステロールを下げる効果大

油揚げ・厚揚げ・がんもどき
油揚げ・厚揚げ・がんもどき

成人病を予防し、老化を防止する

油揚げは豆腐を薄く切って油で揚げたもの、厚揚げ(生揚げともいう)は豆腐を厚めに切って揚げたもの。がんもどきは、潰して水分を搾った豆腐とつなぎのやまいもをすり合わせ、野菜や昆布、ごまなどを加えて練り、揚げたものです。

いずれも豆腐同様アミノ酸組成にすぐれたたんばく質と、脂質が主成分で、ビタミンB1、E 、カルシウム、鉄分などが豊富で、レシチン、サポニンなども含まれ、成人病予防、老化防止、貧血などに効果があります。

豆腐よりもたんばく質、リノール酸が豊富

豆腐に比べてたんばく質が多いのが特徴で、油で揚げているためカロリーは豆腐より高くなります。

また一般に、揚げ油には大豆油やなたね油を用いるため、老化防止効果のあるビタミンE が豆腐より多く含まれています。

脂質はリノール酸など不飽和脂肪酸が多く、またレシチンも含むため、コレステロールを低下させ、高血圧や動脈硬化、心臓病などに効果を発揮します。

さらに揚げ油に含まれるリノール酸も加わって、効果は高まります。油揚げは豆腐よりもこれら不飽和脂肪酸が多く、油揚げを3枚食べると、血中コレステロール値が下がるといいます。

ただリノール酸は酸化が早いため、古くなっった油揚げを食べると、腹痛や下痢を起こしやすく、コレステロールも逆に増えてしまいます。

厚揚げも豆腐より脂質が多く、表面がしっかりしているため調理しても崩れにくく、内部は豆腐のやわらかい食感が残っています。がんもどきはたんばく質も脂質も豆腐に比べてかなり多く、具の昆布ごまとの相乗効果で、高血圧や動脈硬化など成人病を予防する効果が強く発揮されます。

油揚げ・厚揚げ・がんもどきにプラスすると効果的な食材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください