ブロッコリー

ガンの予防で注目される野菜

ブロッコリー
ブロッコリー

発ガンを抑制するのに効果的

ブロッコリーにはガンを予防する力があることが研究者によって明らかにされています。ブロッコリーに含まれているスルフォラファンというファイトケミカルが、活性酸素などの発ガン物質を解毒する酵素に働き、それを活性化させる働きがあることがわかっています。

スルフォラファンというのは辛み成分で、ブロッコリーをはじめキャベツなどアブラナ科の野菜に含まれているのですが、強力な抗酸化作用をもっています。ブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトには、特に豊富に含まれているのです。

ほかにも、発ガン物質を解毒する成分が豊富に含まれていて、それには、βーカロテンやインドール化合物があり、ガンや生活習慣病、老化などに効果的だといわれています。

さまざまなビタミンやミネラル、食物繊維などが含まれているブロッコリーですが、特に含有量が多いのはビタミンCです。優れた抗酸化力で活性酸素を抑制し、ガン予防のほか、美肌や老化防止にも働きます。

アレルギーの発症、高血圧を予防する

また、ブロッコリーがもつ、アレルギーの発症を予防する効果も注目されています。α-リノレン酸という不飽和脂肪酸が体内に多くなればなるほど、アレルギーの発症を抑えることができます。

α-リノレン酸はオメガ3不飽和脂肪酸に分類されますが、これには抗炎症作用があって、免疫機能を強化します。花粉症などアレルギーがある人は、アブラナ科の野菜を摂取しましょう。

さらに、ビタミンEが酸化した脂質を分解し血行を良くして、血圧を下げたり、血管を丈夫にします。こうして、動脈硬化や高血圧の予防に効果をあらわします。

ブロッコリーにプラスすると効果的な食材

ブロッコリーと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

ブロッコリーは茹でて食べることが多いと思いますが、ビタミンCは熱に弱いので、損失を抑えるためにはなるべく短時間で調理しましょう。電子レンジを使えば加熱しても栄養素を失わずに済みます。

スルフォラファンは、酢や油と一緒に摂ることで効果が増すので、ブロッコリーにはオイル系のドレッシングをかけて食べると効果的に栄養成分を摂取することができます。

選び方

つぼみが純白で、こんもりとしてかたくしまっていて、茎が短くずっしりと重みがあるもの。

保存法

生のままラップに包んで冷蔵庫の野菜室で保存。冷凍するときは、小房にわけてかためにゆでてラップに包み保存。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください