牛乳

不足しがちなカルシウムの補給源

特徴的な栄養成分は100g中にたんぱく質、3.3g、カルシウム 110mg、ビタミンB2 0.15mg。

牛乳(milk)
牛乳(milk)

体に吸収されやすいタンパク質とカルシウムが含まれている

牛乳といえばカルシウムが豊富なことで知られていますが、ほかにもアミノ酸バランスの良いタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンAやB2、C、鉄、リン、亜鉛などの栄養素がバランス良く含まれている、完全栄養食品です。

しかも栄養吸収率が40~70%と高く骨や歯を丈夫にしたり、精神を安定させてイライラを解消します。不眠気味の人は、寝る前にホットミルクをのむと安眠できます。

カルシウムは、質も量もすぐれていて、消化吸収されやすい形になっています。タンパク質と結合して丈夫な骨や歯をつくる性質をもっているので、その点でも牛乳の豊富なタンパク質がカルシウムの吸収率をアップします。

鉄分や亜鉛といった大切なミネラルも、液体のため有効に吸収されます。牛乳は、カルシウム不足といわれる日本人の食生活には、なくてはならない食品といえるでしょう。

脂肪がありますが乳化されているため消化が良くて、乳児には欠かせない栄養である乳糖も豊富に含まれています。特に牛乳の乳糖は鉄分の吸収を助け、貧血の予防や改善にも効果的です。

乳糖には腸内環境を整えるはたらきもあります。ただし、乳糖不耐症といって、乳糖を分解する酵素のはたらきが弱いために牛乳を飲むとおなかがゴロゴロしたり、なかには下痢をしてしまう人もいます。この場合、牛乳を温めて飲み続けていると酵素のはたらきが活性化することもあります。

牛乳には、と同じように、食品から摂取する必要のある9種類の必須アミノ酸がバランス良く含まれています。これが良質なタンパク質の条件です。

牛乳に含まれているタンパク質のうちのカゼインという成分は、体の中で消化されると活性をもつペプチドという物質を生成します。これらは、カルシウムの吸収を促進したり、血圧を降下させたり、免疫力を高めたりなど、さまざまな機能を発揮します。

虚弱体質を改善、胃の粘膜を守る

栄養が豊富な牛乳には、体を丈夫にして虚弱体質を改善したり、体のほてりを冷まし、滋潤する作用があります。病気で体が弱っているときの栄養補給には、温めた牛乳がよいです。体がほてってのどが渇く糖尿病には温めずにそのまま飲むとよいです。また、温めないで飲むと胃の炎症を予防します。粒子が細かいので、胃粘膜を守って胃潰瘍の予防になります。

牛乳にプラスすると効果的な食材

牛乳と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

加熱しても、牛乳の栄養はほとんど損なわれません。温めると表面に薄い膜ができますが、これは良質なタンパク質のかたまりなので一緒に飲むと良いです。

脂質や糖質をエネルギーに変えるビタミンB2も豊富に含むので動脈硬化の予防にも効果があります。

どうしても脂肪分が気になる方は、低脂肪乳もありますので、利用するといいでしょう。

最近は、たくさんの牛乳がお店に並んで安全性についても心配される方が増えてきましたが、牛乳の成分を損なわない低温殺菌牛乳が望ましいでしょう。こちらの低温殺菌牛乳は安心して飲むことができる牛乳です。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください