そらまめ

むくみを取り除き子供の成長をすすめる

そら豆
そら豆

胃腸を丈夫にし、血圧を下げる

そらまめは、大豆落花生、えんどうまめ、いんんげんまめ、ひよこまめと共に6大食用豆と呼ばれています。

そら豆は、たんばく質とでんぷんが主成分で、ビタミンB1、B2、C などのビタミン、カルシウムやカリウム、リンなどのミネラルをバランスよく含んでいます。

ビタミンC やカルシウムなどによる止血作用、カリウムによる利尿作用があります。豊富な食物繊維は血中のコレステロールを減らし、血糖値の安定をはかる働きがあり、カリウムとの協力作用による血圧降下作用も有効です。

そら豆は胃腸を丈夫にするとともに、腎臓の機能を高める働きがあります。消化を促進し、食べものをのみ込むことができない場合などに効果があり、尿の出をよくしむくみを取りのぞく作用を発揮して慢性腎炎で尿量が減ったものや脚気の改善に効果があります。

子どもの成長を助け、美容効果も

そら豆に特に多く含まれるのがビタミンB2で、大豆に次いで多量です。ビタミンB2は成長を促すビタミンといわれるように、全身の成長と細胞の再生を助ける働きがあり、子どもの成長を促進し、健康な皮膚や髪を維持するために不可欠のビタミンです。

しかも代謝をよくするので、不要な脂肪を体内に残さない働きもし、老化や動脈硬化を防いでくれます。

皮が高血圧症に効く

そら豆の皮には、脳の伝達物質の原料となるチロシンや、ドパが含まれていて、高血圧症やある種の脳疾患の補助療法に有効に働きます。

またキツネ色になるまで妙って、お茶にして飲むと、健胃・消化促進にも効果があります。体力が落ちて、疲労回復が思うようにいかなかったり、虚弱体質の人にもそら豆のビタミンB群やC そしてミネラル類が強い味方として働いてくれます。

そら豆の効果をアップさせる食材

選び方

みずみずしく、さやの中のわたが詰まって弾力があるもの。できるだけさやにはったものを購入。

保存法

鮮度がおちるのが早く、乾燥に弱いので、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。

ゆでたものは冷凍保存可能。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください