のり

肌の色素沈着予防、血圧降下にも効果

豊富なβ-カロテンの抗酸化作用により動脈硬化、生活習慣病の予防に役立ちます。腫瘍などの改善にも有効で咳や痰も鎮めます。また、のりに含まれる多糖類は高脂血症や動脈硬化を予防し、心筋の収縮力を高める効果があります。

海苔
海苔

特徴的な栄養素は、100gあたりカルシウム 140mg、ビタミンC 140mg、ビタミンA(β-カロテン)43000マイクログラム、鉄 10.7mg、カリウム 3100mg、ビタミンB1 1.21mg。

大豆にも負けないたんぱく質

のりには、ほかの海藻類と同じように、ミネラルやビタミン、食物繊維が豊富に含まれています。
骨や歯を強くし、精神安定効果の高いカルシウム、体にできる固まりやしこり、甲状腺腫などの障害を改善し、成長機能の促進にも働くヨード、便通をよくし、悪玉コレステロールを除去して動脈硬化などを防ぐ食物繊維などが、たっぷり含まれているのです。

また、利尿作用のぁるカリウムを豊富に含み、むくみや小便が出にくい症状に効果的です。体のもとをつくり、健全な発育に重要な役割を果たすたんばく質はなんと35% も含まれ、ほぼ大豆に匹敵する量です。

豊富なビタミンがシミ、ソバカスを予防

ビタミンA やB1、B2、C を多量に含み、ビタミンの含有量は海藻中でトップクラスです。なかでもビタミンAが多く、干しのり2枚でウナギのかば焼き1串分に相当します。

ビタミンAやCは活性酸素の除去作用があり、皮膚に潤いを与え、シミやソバカスの原因であるメラニン色素の沈着を防いでくれます。

体力消耗を防ぎ、コレステロール値を下げる

ほかの食品にあまりないビタミンBを多量に含んでいます。これが不足すると体力や精力が落ちたり、貧血を起こしたりします。

のりを食べていると夏の暑さがしのげ、体力の消耗を防ぐといわれるのもこのためです。のりをあぶると緑色が冴えてきますが、これは葉緑素が含まれているからです。葉緑素には粘膜のただれを治し、コレステロール値を下げ、口臭を消す働き、血流を促す増血作用などがあります。また繊維質のポルフィオシンには、抗潰瘍作用や、抗菌作用があります。青のりにはタバコのニコチンを浄化させる効果があります。

のりにプラスすると効果的な食材

選び方

つやがあり、ややあおみがかかった黒紫色のものが良品。形がきれいな四角で厚さにムラがなく穴が開いていないもの。

保存方法

開封後は感や密閉できる袋に乾燥剤と一緒に入れ、直射日光の当たらない低温の場所に置き、早めに食べる。

おいしいノリは栄養価も高い | コンブの降圧効果

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください