熱冷まし・せき止めに、デトックス作用も

肺を潤し、熱を下げる働きがあり、のどの乾燥、ねばりけのある痰、空咳、のどの炎症など、のどの不快な炎症を和らげます。

特徴的な栄養素は、100gあたり、食物繊維 0.9g、カリウム 140mg。

梨

梨(なし)の果実の90パーセントくらいは水分です。スイカと同じように水分たっぷりでみずみずしく、夏の水分補給や疲労回復にも役立つ果物です。私たちの体や脳のエネルギー源となるブドウ糖やショ糖が多く、酸味のクエン酸やリンゴ酸がわずかに含まれています。

熱を冷まし、のどの痛みをとる

水分を豊富に含んでいる梨は水冷機能に優れていて、熱を下げたり、のどや気管を潤して炎症や痛みを鎮めるはたらきがあります。風邪で発熱し、せきやたんが出る、のどが痛む、声がかれるといった症状のあるとき、扁桃腺炎ののどの痛み、暑気あたりにも良いです。

糖分が便秘を改善

梨にはソルビトールという糖の一種の成分が含まれているのですが、その含有量は数ある果物の中で一番多いとされています。ソルビトールは便のph(ペーハー)の値を下げることで便を軟らかくし、水分を吸収して腸のぜん動運動を促すので、便通が良くなります。

梨の果実には無数のつぶつぶがあり食べた時にシャリシャリした食感がありますが、この独特の歯ごたえはリグニンという食物繊維の一種によるもので生まれます。種子を守るための硬い細胞で、石細胞と呼ばれていますが、こちらも便秘の改善を助けます。

解毒作用で肝臓を保護する

梨には、細菌やウイルスによって産生された毒素の解毒をおこない、体温の上昇を抑える作用があります。

カリウムやアスパラギン酸には体の中の余分な塩分を排出するはたらきがあるため、むくみの解消につながり、利尿作用や体内の代謝を整えるはたらきが期待できます。降圧作用で高血圧の予防にもなります。
さらに、肝臓を保護するとともに消化を助け、食欲増進や疲労回復にはたらきます。

梨にプラスすると効果的な食材

梨と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

梨にはタンパク質を分解する酵素が含まれているので、お肉料理と一緒に食べると消化を助けてくれます。

選び方

持ったときに重みを感じるものを。やや横にふくらんだものが甘く熟しています。

保存法

ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存。冷蔵保存しているときもなるべく早めに食べる。

喉の症状には毎日たべるといい

のどがいがらっぽく、よく痰を吐く人は、体にこもった熱が痰を粘つかせてしまっています。毎日、生のなし2分の1~4分の1個を食べると熱が取れて痰がでにくくなります。

食べ合わせの注意(カニと一緒に食べない)

かにも梨も体を冷やす食材のため、食べ合わせると嘔吐、下痢、腹痛の原因になると昔から言われています。

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください