はとむぎ

利尿、鎮静作用にすれ、美肌効果にも優れる

はとむぎ
はとむぎ

穀類のなかで最も栄兼価が高く、しかも太らない

はとむぎは穀類の中でも最も栄養価に富み、多くの薬効があることから、古くから漢方薬に用いられてきました。

ほかの穀類に比べてたんばく質や脂質を多く含み、ビタミンB、カルシウム、鉄分、カリウム、食物繊維などを豊富に含み、ビタミンB1も少量ながら含んでいます。

はとむぎに含まれるたんばく質はアミノ酸バランスがよく、新陳代謝を活発にするうえ、脂質の代謝を促すビタミンBも玄米以上に含まれているため、高エネルギーとはいえ肥満の心配は無用です。

利尿、消炎、鎮静果にすぐれ、胃腸も丈夫に

はとむぎには体内の新陳代謝を活発にし、体内の老廃物を排泄する作用があります。そこで腎臓の働きを高めて水分代謝をよくし、すぐれた利尿作用を発揮します。

腎臓病や心臓病によるむくみ、関節炎でひざに水がたまる症状、尿路結石などを解消してくれます。また消炎・鎮痛作用があり、関節炎や筋肉痛、神経痛、リウマチなどの腫れや痛みを取り除いてくれます。

はとむぎを煮つめた液を入浴剤として用いたり、はとむぎを常飲すると効果的です。さらに胃腸の働きをよくし、肺や呼吸器の機能を正蛍にし、強壮の作用もあります。

疲労回復にも効果的で、体が弱っているお年寄りや、かぜをひいてなかなか痰が切れない人にも有効です。

肌をすべすべにし、イボを取り、抗腫瘍作用も

イボ取りの特効薬としても有名です。これははとむぎのよぶんな水分を出す作用と、ウィルスへの抵抗力を高める作用が効果的に働くためです。

また近年、抗腫瘍作用も期待されています。美容効果もあり、常食すると肌が滑らかになり、シミや小ジワを治してくれます。

はとむぎにプラスすると効果的な食材

選び方

賞味期限を確認の上、できるだけ新しいものを選ぶ。

保存法

密閉容器に入れ、冷暗所で保存する。においや湿気を吸着してしまうので、冷蔵庫での保存は避けたほうがいい。

注意

妊娠中は食べないこと。異物を排出する効果が高いので妊娠中は避ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください