あぶら菜(菜の花)

ビタミンやミネラルの作用で風邪、ガン、血栓の予防

アブラナには在来種や外来種があり、昔から主に油を採るために栽培されてきました。セイヨウアブラナは植物油として使われることが多く、食べるあぶら菜は菜の花が咲く前に収穫されます。菜の花やなたねなどの種類がありますが、見た目がだいたい似ていて、まとめて「菜の花」と呼ばれています。

抗ガン成分も含有

あぶら菜には、ほうれん草や小松菜などの葉もの野菜と同じように、βーカロテン(ビタミンA)やビタミンB群、ビタミンC、それにミネラルが豊富に含まれています。栄養が豊富なことで知られるほうれん草と比べても、ビタミンCは2倍くらいの量が含まれていて、βーカロテンにいたってはほうれん草に匹敵するくらいの量が含まれているのです。

βーカロテン、ビタミンC、そしてミネラルなどの栄養素が総合的に作用して粘膜を保護し、抵抗力を高めて、風邪などの感染症から体を守ります。また、あぶら菜には、ブロッコリーやキャベツなどのように、イソチオシアネートという抗ガン活性を持つ辛み成分も含まれ、こういった成分が複合してガンを予防するはたらきがあります。

血圧を下げて血栓を防ぐ

鉄分や葉酸、葉緑素などが赤血球をつくるはたらきを助け、貧血を予防します。カリウムは、ナトリウムとバランスをとって、利尿や血圧降下にはたらきます。

口に入れるとちょっとした苦味がありますが、その苦味の中には、いろいろな作用を発揮する成分が含まれています。同じように苦みのあるものには、春に取れる山菜で、ふきのとうやタラの芽などがあります。

ちなみに、漢方では、あぶら菜の一番の効用として、血行を促進して血液の停滞を取り除く作用が挙げられています。これは、脳や心臓をはじめ全身の血管内にできる血栓や塞栓を予防するのに役立つということです。

また、食物繊維も豊富に含まれているので、腸の調子を整えて便秘を改善したり、大腸ガンの予防にもはたらきます。

あぶら菜にプラスすると効果的な食材

あぶら菜と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • しいたけ、きくらげ、ごま、コハダ
    ▶脳や心臓などの血栓、塞栓を予防する
  • カリフラワー、しいたけ、まいたけ、海苔、カラシ
    ▶肺ガン、大腸ガンを予防する
  • にんじん、豆腐、わかめ、酢
    ▶血圧を安定させる
  • なす、わかめ、しじみ、あわび、スズキ、鶏肉
    ▶腎機能を高める

食べ方のポイント

茹ですぎるとビタミン類が溶け出してしまうので注意しましょう。

イソチオシアネートは、野菜の細胞を壊すことで吸収されやすくなるので、アブラナ科の野菜を食べる時には、よく噛んで食べるのがポイントです。

明日葉

栄養豊富でバランスの優れた健康野菜

豊富なβーカロテンがガンを抑える

明日葉(あしたば)は、強い風味を持つセリ科の植物で、多くのポリフェノールが含まれているファイトケミカルです。薬用成分が30種類以上も含まれているという明日葉は、バランスの良い健康野菜として人気があります。なかでも、βーカロテンの含有量が特に多く、青じそ、パセリ、にんじんに続いて4番目です。βーカロテンのはたらきは内臓の粘膜を正常に保ち、ガンが発生するのを抑制する作用があるので、毎日摂りたい栄養素です。

ガン化が始まる初期の段階で、ガン化の促進を抑制するはたらきがあるというごぼうやにんじん、ブロッコリー、にんにくなどと一緒に明日葉を摂取すると、ガンを予防するのに役立ちます。

明日葉の茎を折ると黄色っぽい液体が出てくるのですが、その中にはカルコン類、クマリン類、フラボノイド類などの化合物が含まれています。これらは互いに協力し合い、ガン化を促す第二段階でガンを抑制するはたらきがあります。

高血圧、心臓病、皮膚病などにも有効

明日葉には、ビタミンやミネラル、タンパク質も豊富に含まれています。特に、ビタミンB2の含有量が多いので過酸化脂質ができるのを防いだり、同じく多いビタミンB1は、糖質の分解を助け、乳酸が体内にたまるのを防ぎます。毎日食べるようにすると、高血圧、肝臓・腎臓・心臓病などの改善に期待できます。食物繊維も豊富ですから、便秘の改善にも効果的です。さらに、皮膚の代謝を促すので美容に良く、利尿作用でむくみの改善にも良いです。

ただし、注意が必要なのは、明日葉には体を冷やすはたらきもありますから、冷え症の人は摂りすぎないようにすることです。

明日葉にプラスすると効果的な食材

明日葉と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • たまねぎ・トマト・ピーマン・にんじん・レモン・しょうゆ
    ▶フリーラジカル(活性酸素)を消去する
  • しいたけ・たまねぎ・松の実・エビ・うなぎ
    ▶体を強く、元気にする
  • アスパラ・ナス・あさり・しじみ・どじょう
    ▶肝臓のはたらきを高める
  • しいたけ・ごぼう・トマト・にんじん・ブロッコリー・にんにく・牛乳
    ▶胃ガン、肺ガン、大腸ガンを予防する

食べ方のポイント

明日葉はアクが強いので、一度茹でてからおひたしにしたり、和えもの、炒めもの、揚げものにするとよいです。それに、βーカロテンは、脂質と一緒に摂ることで吸収率がアップします。