大麦

消化不良、むくみに卓効をあらわす五穀の長

大麦
大麦

白米と一緒に炊けばおいしく、脚気の予防にもなる

大麦には六条種と二条種があり、私たちがふだん食べているのは、六条種を精麦した押し麦です。

押し麦は白に比べ、でんぷんの量はやや少ないものの、たんばく質、脂質、食物繊維は豊富です。

また、カルシウムや鉄分などのミネラル、ビタミンB1、B2 なども豊富に含んだ滋養強壮食品です。明治時代に麦飯が脚気の予防食として奨励されたのも、白米にはないビタミンB群が含まれているからです。

白米と混ぜて炊けば、おいしく食べられ、白米に不足しているビタミンB 群が補えます。また、麦飯は消化がよいので、お年寄りや体力の落ちた人の食事に適しています。

胃を和ませ脾の働きをよくし、利尿作用も

これらの豊富な栄養素を含んだ大麦は、「五穀の長」と呼ばれるほどの効力を秘めた穀物です。

胃を和ませ腸の働きをよくするので、消化不良でお腹が張ったり、下痢、便秘などを治す効果があります。

また穀類では最も利尿作用にすぐれ、むくみや排尿痛を取るのにも有効です。膀胱炎には煎じたものに、ショウガ汁とハチミツを加えて飲むと効果があります。

喉の渇きを癒し、熱を取りのぞく作用もあり、気力を充実させるのにも役立ちます。

麦芽や麦茶など加工品にも多くの薬効

麦とろは、疲労回復や、糖尿病の人の常食におすすめです。消化不良や病後、体力が落ちているときは、あずきを加えた粥が効果的です。

加工品の麦芽(麦もやし)は、漢方ではお年寄りや子どもの消化不良、胃腸障害などに用いられ効果をあげています。これは麦芽に含まれる消化酵素を利用した治療法です。

麦茶は体のほてりをしずめ、胃腸の働きを整えるので、夏には最適です。

大麦にプラスすると効果的な食材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください