ほたて貝

肝機能を高める、高血圧を防ぐ

ほたて貝
ほたて貝

豊富に含まれるタウリン

ほたて貝 にはタウリンという遊離アミノ酸が豊富に含まれているのですが、胆汁の分泌を促進させ肝臓の解毒作用に働きます。

アルコールの分解速度を速め、弱った肝機能を高め、肝臓の解毒機能を強化するので、二日酔いの症状を緩和するのにも効果的です。

タウリンにはコレステロールを抑制する働きがあって、悪玉コレステール値を低下させます。血圧の降下にも貢献して、動脈硬化の予防にとても役立ちます。

さらに、目の網膜に働き、眼精疲労の回復や視力低下の防止に効果があるといわれています。子供の視神経の発達にも必要な栄養素です。

旨み成分アミノ酸のはたらき

ほたて には、タウリンのほかにもコハク酸やグリシン、アラニン、グルタミン酸、イノシン酸、アスパラギン酸など、さまざまなアミノ酸が含まれています。

これらのアミノ酸は、 ほたて 特有の旨みを生み出している成分です。

核酸の一種であるイノシン酸は、細胞の再生を促す働きにたけていて、滋養強壮、老化防止に力を発揮します。

美肌やアンチエイジングなどの効能が多く、女性は特に積極的に摂りたい栄養素です。

貧血や冷え症の改善、疲労回復に有効

ほたて貝 には、増血作用がある鉄分や、悪性貧血を予防するビタミンB12、葉酸のほか、味覚障害を予防する亜鉛などの栄養成分も含まれています。

貧血や冷え症、頭痛、めまい、動悸などの改善に役立ちます。また、体を潤す機能があって、胃腸にもやさしいといわれています。

ただ、タンパク質が豊富なので、腎機能に障害がある人は摂取を控えめにしたほうがよいでしょう。

ほたて貝 にプラスすると効果的な食材

ほたて貝 と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

殻つきの ほたて貝 の場合は、触れると素早く貝を閉じるものが新鮮な証拠です。冷蔵庫に入れて早めに調理しましょう。毒をもっているものもあるので、貝柱とヒモ以外は食べないようにします。

ほたて の旨みを活かすには、味つけをできる限り、シンプルにするとよいです。

選び方

口がわずかに開いてて、さわると、反応して閉じるものは新鮮。むき身は、ふっくらとしててつやと弾力があり、透明感があるものを選びます。

保存法

むき身は酒をふってから密閉容器に入れ、冷蔵庫で保存します。

シジミ

肝機能の向上、貧血の改善に

シジミ は、体の余分な熱をとり、余分な熱を冷まし解毒する作用があります。尿がでにくいなどの症状を改善します。

栄養価の高い シジミ

シジミ
シジミ

特徴的な栄養素は、100gあたり、カルシウム 130mg、鉄 5.3mg、洞 0.42mg、ビタミンB2 0.25mg、ビタミンB12 62.4μグラム。

シジミ は、カルシウムなどのミネラル類、ビタミンB群、鉄分、タンパク質などを豊富に含まれた栄養価の高い食材で、薬効でも注目されています。

肝臓や貧血、虚弱体質の改善に良いと昔からいわれ、「土用 シジミ は腹ぐすり」ということばがあるように、夏バテなどで疲れた胃腸や肝臓を回復させて、元気にしてくれます。

肝臓を強くする成分

シジミ が肝臓に良いといわれるのは、良質のタンパク質に加え、アミノ酸のタウリンやオチアミン、オルニチン、コハク酸などが含まれているからです。

これらには、胆汁の分泌を促して肝臓の解毒作用を活発にするはたらきがあります。さらに、ビタミンB12と協力し、肝臓の機能を向上させてくれるのです。

ただし、すでに慢性肝炎や肝硬変の診断を受けている人にとっては、逆効果となります。

シジミ には鉄分が豊富に含まれているのですが、肝機能が悪い人だと肝臓に過剰な鉄が蓄積されてしまい肝機能に障害がおこります。肝臓に良いといわれる シジミ ですが、摂取に注意が必要な人もいるのです。

二日酔いには シジミ 汁が効くというのは、解毒作用によるものです。肝臓で処理しきれなかったアルコールが有害物質に変化し、血液中に残るといわゆる二日酔いの状態となるのですが、 シジミ の成分が有害物質を解毒します。

アルコールの飲みすぎが気になる人はこちらも参考になります。

貧血や虚弱体質を改善する

ビタミンB2、ビタミンB12には補血作用がありますが、これらにプラスして鉄分が豊富なので、相乗効果で悪性の貧血に効きめをあらわします。また、血液の循環を良くして虚弱体質の改善にもつながります。

耳鳴り めまい 難聴 の改善には ビタミンB12

シジミ にプラスすると効果的な食材

シジミ と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

シジミ 汁にして汁ごと飲むと、ビタミンB12などの栄養を、より多く摂取できます。

選び方

口がしっかり閉じていて、殻の色が濃く、殻が分厚くないものを選びます。

保存方法

ポリ袋に入れて密閉し、冷蔵庫へ。砂抜き後、からごと冷凍保存できます。

大食い、大酒は肝臓に大きなダメージ、お酒を飲む機会が多い、ストレス解消にたくさん食べる人は要注意

リアルメイトのしじみエキスW(ダブル)のオルニチン

うなぎ

スタミナアップで夏バテを防ぐ

うなぎ
うなぎ

うなぎ は、から滋養強壮の食べものといわれてきました。土用の うなぎ は特に、体力をつけて夏バテを防ぐといわれています。

内臓を温めながら強化して、食欲不振を改善したり、体力をつけて元気をよみがえらせる力に長けているのです。

特徴的な栄養素は、100gあたり、たんぱく質 17.1g、ビタミンE 7.4mg、ビタミンB2 0.48mg、ビタミンA(レチノール当量)2400μグラム、ビタミンD 18μグラム。

抵抗力を強くし疲労回復にはたらく

うなぎ には体の抵抗力を強くするビタミンAが豊富に含まれています。 うなぎ に含まれるビタミンAは、脂溶性のビタミンの一種でレチノールといいます。

レチノールはレバーなど動物性の食品に多く含まれる成分で、 うなぎ でも特に多く含まれているのは肝(きも)の部分です。同じビタミンAでも野菜に含まれるカロテンよりも吸収率が良いのが特徴です。

ビタミンAは、内臓や皮膚、目などの粘膜を健康に保ち、病気を回復させたり体の成長を助けるはたらきがあり、風邪を予防したり、夜間や暗いところでの視力の維持を助けたりもします。

そのほか、 うなぎ には疲労回復に効果的なビタミンB1や、成長を促進するビタミンB2、カルシウムやリンの吸収を助け、骨を強くするビタミンD、老化を防ぐビタミンEなど豊富に含まれています。

また、筋肉コラーゲンが多く含まれていて、内臓の強化や美肌づくりに役立ちます。

生活習慣病を防ぐ

うなぎ にも、青魚の油に豊富に含まれることで知られるEPAやDHAが含まれています。これらは体内でほとんどつくることができないといわれている多価不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)の一種です。
動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、またガンの予防にも効果的なことで注目されています。

EPA(エイコサペンタエン酸)は、コレステロールや中性脂肪を減らすはたらきや血液を固まりにくくする作用があって、血管の健康を保ち、血栓をできにくくするので、脳梗塞や心筋梗塞といった血液の病気を予防します。

また、DHA(ドコサヘキサエン酸)は、脳細胞を形成するのに重要な役割を果たしているので、摂取すると頭のはたらきが良くなる、学習能力が高まる、などといわれてます。

胎児の脳が形成される時期の母体には欠かせない栄養成分であり、痴呆症などの老化防止にも役立ちます。また、ガンの進行を抑制したり、予防したりします。

うなぎ にプラスすると効果的な食材

うなぎ と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

うなぎ には脂肪も多く含まれているので、胃腸が弱っているときには、食べ過ぎに注意しましょう。蒲焼きなどにして余分な脂肪を落として食べれば、胃腸に負担がかかりにくくなります。

抗酸化と健胃のはたらきがプラスされるので、山椒(さんしょう)をかけて食べるのがおすすめです。

選び方

太っていて。背があおみがかかったものを選びます。蒲焼きは身がプリプリしているものがおいしい。

保存方法

生は冷蔵庫で保存。1~2日で食べる。蒲焼きは冷蔵庫で保存し、冷凍保存も可能。

うなぎ を食べる際にきをつけるリスクについて(中国産が多いので国産を選ぶことがまずは大事なポイント)
うなぎ | 知らぬ間に食べている

アジ

EPAたっぷりで血栓を防ぐ

鯵 ( アジ ) は魚介類の中でも、タンパク質、カルシウム、ビタミンB1などがバランス良く含まれたヘルシーな魚です。

イワシなどの他の青魚と比べるとサッパリした味わいですが、旬を迎えると脂がのってコクが増します。さんまサバなど青魚や脂がのった魚には、不飽和脂肪酸のEPAが豊富です。

アジ
アジ

特徴的な栄養成分は、100gあたり、たんぱく質 20.7g、カリウム 370mg、カルシウム 27mg、ビタミンB2 0.2mg、ビタミンD 2μg。

カルシウム、カリウム、 DHA も豊富

骨や歯を作るのに欠かせないカルシウムの含有量が多く、さらに体の成長と細胞の再生を助けるビタミンB2、脳の働きを活性化させるDHAも豊富なので、育ち盛りの子供におすすめです。

カルシウムは、感情をコントロールし、イライラする気持ちを抑えるはたらきがあるといわれています。

同じように、不足するとイライラしたり不眠になるといわれているビタミンB1も豊富なので、ストレスの予防のためにも積極的に食べたい食材です。

ほかに、体内の塩分を排出するはたらきがあって高血圧の予防が期待できるカリウムも、魚類の中では多く含まれています。

さらに、胃の冷えを取り除き、胃腸の働きを高めることで疲労回復や食欲不振にも役立ちます。

EPA が血液をサラサラにする

血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールが高くなったり、血糖値が上がると、血液は粘り気を増しドロドロになります。この状態を改善し、動脈硬化や高血圧症などの症状を予防するのには、EPA と DHA どちらも有効なのですが、その働きかけは違います。

EPA は、高い血小板凝集抑制作用によって血栓をつくらせないことで血流を良くします。 DHA のほうは、血管や赤血球の細胞膜をやわらかくして血流を促します。

血栓を防いで血液を潤滑にする効果は、 EPA のほうが高いのです。

脳の機能を活性化するDHAが豊富です。白内障予防効果にも期待が集まります。

アジ にプラスすると効果的な食材

アジと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

EPA を損なわずに摂取するためには、刺身など生のまま食べるほうが良いです。ただ、 アジ はクセがないので、塩焼きにしても煮てもおいしく、トマトソースで軽く煮込むなど洋風の味つけにも合います。

EPAの効能、効果はこちらです。

選び方

目が澄んでいて身に張りがあるものを選ぶ。

保存方法

青魚は傷みやすいので、なるべく買ったその日のうちに使い切る。それが難しい時には、内臓を出してきれいに洗い、水分をしっかりときって冷蔵保存しましょう。

日もちさせるには、揚げてから、、醤油、砂糖などの調味料に漬け込む『南蛮漬け』にすると1週間程度もちます。冷凍も可能。

さば

体に力をつける、生活習慣病を防ぐ

さば
さば

さば は、胃を元気にして体力をつけ、血の巡りをよくする働きがあります。

特徴的な栄養素は、 100 g あたり、たんぱく質 20.7 g 、ビタミンE 0.9 mg 、ビタミンB2 0.28 mg 、ビタミンD 1.1 μグラム 、ビタミンB12  0.6 μグラム 。

血を補い、体力を増強する

さば には体のもとをつくるタンパク質や、活動のエネルギー源となる脂質、体に抵抗力をつけるビタミンB2などが豊富に含まれています。

体に元気をつけたり、血を補うはたらきがあって、長く病気を患って体力が衰えてしまった人や、妊産婦さんの栄養補給にぴったりです。

また、食が細く痩せている、疲れやすく体力がない、体がとても冷える、寝つきが悪い、神経が衰弱していて動悸がする、物忘れがひどい、といったような症状がある人が常食すると、症状の改善に役立ちます。

胃を元気にして体力をつけ、血の巡りをよくする働きがあります。イライラした気分を解消する作用もあります。疲れやすい、少食の人に最適な食材です。

不飽和脂肪酸のEPA・DHAがたっぷり

さばに豊富に含まれている脂質は、常温で液体の状態の不飽和脂肪酸、 EPA ( エイコサペンタエン酸 )と DHA ( ドコサヘキサエン酸 ) です。

EPA と DHA は青魚全般に多く含まれていて、血合いと呼ばれる赤黒い部分に特に豊富です。血合いには、ほかに鉄分やナイアシン、タウリンなどの栄養素も含まれています。

EPA には、血液を固まりにくくして血管を丈夫にし、血栓ができるのを防ぐはたらき抗血栓作用があります。

動脈硬化や心臓疾患といった生活習慣病の予防に効果を発揮するのです。そして、 DHA には脳のはたらきを活発にする作用があって、集中力や記憶力を高めます。

また、ガン細胞を増殖させる成分の生成を抑制するはたらきもあります。DHAも豊富に含まれ、脳を若返らせる効果も期待できます。

ナイアシンやタウリンは、血中コレステロールを低下させ、インスリンの合成や機能を高め、糖尿病の予防にも良いです。
増血作用のある鉄分は、貧血を防ぎ、冷え性、めまいや動悸を改善していきます。

さば にプラスすると効果的な食材

さば と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

『さばの生き腐れ』という言葉があるほど、早く傷みやすい魚です。新鮮に見えても内部が傷んでいることがあるので、丸ごと一匹を買う時は、目が澄んでいて、模様が鮮やかなものを選びましょう。
独特の生臭さは、調理する 1 時間ほど前に塩を振って水分を抜いておくことで消すことができます。

選び方

旬は、秋~冬です。目が赤く濁っておらず、腹がきれいな紅色に光っているものがよい。切り身やつやがあり、切り口がやわらかくなっていないものを。

保存方法

傷みが早いが、 しめさば にすると、冷蔵でもしばらく鮮度を保つことができる。

かに

キチン質が免疫力を高め、ガンを予防する

かに
かに

かに の特徴的な栄養素は、100 g あたり、カリウム 310 mg 、たんぱく質 13.9 mg 、カルシウム 90 mg 、ビタミンB2 0.6 mg 、ビタミンB12 4.3 μグラム 。

殻に含まれるキチンがガンや生活習慣病を予防する

かに やえびといった節足動物や甲殻類の殻には、ムコ多糖類のキチンが豊富に含まれています。

食材ではほかに、軟体動物である イカ の軟骨や、きのこなどの菌類にも含まれている不溶性食物繊維です。

私たちの体から、 LDL (悪玉) コレステロールや有害物質を取り除く作用があって、便秘や脂質異常症、さまざまな生活習慣病やガンなどを予防するのに効果的だといわれています。

免疫力を高める「キチン・キトサン」

甲殻類の殻からタンパク質、カルシウムなどを取り除いて精製されたキチンは、さらに化学処理を施すことでキトサンに変化します。

その過程でキチンとキトサンが混ざり合った状態になるので、両方を合わせて「キチン・キトサン」と呼ばれます。キチンは水や酸に溶けない性質ですが、キトサンに変化すると水には溶けないまま、胃酸には溶ける性質を持ちます。

キチン・キトサンには、免疫力を高める効果があります。マクロファージという免疫機能を担う細胞を活性化させ、体内に侵入した細菌・ウイルスや、死んだ細胞を捕食して消化します。悪性腫瘍(ガン)になる前段階の細胞をガン化しないよう防いだり、ガン化してしまった細胞の発育を抑制し、転移を防ぎます。

コレステロールを減らし、老化を防ぐ

かに には、コレステロールを減らす、血圧を正常に保つ、動脈硬化を防ぐなど生活習慣病の予防が期待できるタウリンが含まれています。

タウリンは缶の中の汁にも溶け出ているので、かに缶を利用するときには汁ごと使うのがよいです。

また、肝にこもった熱を取り、血の巡りをよくしてうっ血を改善します。

かに を茹でると赤くなるのは、アスタキサンチンという色素が含まれているためで、このアスタキサンチンには強力な抗酸化作用があって、免疫力の強化や老化予防などの効果に期待できます。

かにみそや卵には細胞を活性化させる核酸が含まれているので、合わせて老化を防ぐのに役立ちます。

ただし、甲殻類の食品アレルギーの人はかにやえび由来のキチン・キトサンを摂取した場合にアレルギー症状があらわれる可能性があるため、摂取を避けたほうがよいでしょう。

また、食物繊維であるキチン・キトサンは消化されにくい性質で、胃腸の弱い人が摂りすぎると下痢や腹痛などを引き起こすことがあるので注意が必要です。

かに にプラスすると効果的な食材

かにと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

かに といえば濃厚な味のみそもおいしいものですが、傷みやすく、漁獲されてから時間が経つと臭みが出てくるので、できるだけ新鮮なうちに食べるようにしましょう。

選び方

関節の裏側の膜が透き通っていて、いやな臭いがしないもの。もったときにずっしり重みを感じるもの。

保存方法

冷蔵庫で保存し、買ったその日のうちに食べきる。保存時は、ゆでてから冷凍する。

キチンキトサン を使った不眠に効く快眠ぐっすり酵素 「 セロトアルファ 」

さんま

子供からお年寄りまで家族みんなで食べたい魚

さんま
さんま

さんま の特徴的な栄養素は、100 g あたり、たんぱく質 20.7 g ビタミンE 0.9 mg ビタミンB2 0.28 mg ビタミンD 11 マイクログラム ビタミンB12 10.6 マイクログラム 。です。

さんま は体を元気にする栄養素の宝庫

さんま には、良質なタンパク質や脂肪、ビタミン、ミネラルがたっぷりと含まれています。胃腸のはたらきを活発にして、疲れをとり、体を元気にしてくれる栄養素の宝庫です。

そんな さんま は日本人には馴染みの深い魚で、江戸時代から人々に食べられ、親しまれてきました。

秋の さんま は DHA EPA がたっぷり

さんま の旬といえば秋。回遊魚であるさんまは、旬には脂が乗って一番おいしく、栄養価も高くなります。この脂に含まれているのが、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)という不飽和脂肪酸です。

DHA は脳の発達や維持に欠かせない栄養で、記憶力や判断力を高めることが知られています。

さらに、脳の老化を防いでボケを予防します。 EPA は血液をサラサラにして動脈硬化を予防し、 DHA との相乗効果で、高血圧や心臓病、脳血管疾患などといった生活習慣病を予防するのに効果的だといわれています。

こうしたことから、 DHA と EPA の両方が豊富に含まれている さんま は、育ち盛りの子供はもちろん、アルツハイマー病の予防にもなるので中高年の人にも大切な栄養です。

良質なタンパク質やビタミンを含む

さんま に含まれるタンパク質は、タンパク価が高く、質も量も共に優れています。筋肉をつくる良質なタンパク質です。

さらに、骨や歯を丈夫にするカルシウムや、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも豊富に含まれています。肝であるワタが好きという人もいると思いますが、このワタにはビタミンAが含まれていて、体に抵抗力をつけたり、肌に潤いを与えてくれます。ビタミンB12や鉄分も含まれているので、貧血の予防にも良いです。

さんま にプラスすると効果的な食材

さんま と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

さんま の塩焼きには 大根 おろしがつきものですが、大根に含まれるアミラーゼという酵素には、焼き魚の焦げ部分に微量に含まれる発ガン性物質を分解するはたらきがあります。また、大根にはさんまに含まれない ビタミンC が豊富なので、栄養的にも良い組み合わせです。

選び方

皮が光っていて、身に張りがあるものが新鮮。口の先が黄色みがかかり、身の幅が太いほうが脂がのっていておいしい。目が赤く濁っておらず、腹がキレイな紅色に光っているものがよい。切り身はつやがあり、切り口がやわらかいもの。

保存方法

傷みが早いので、買った日に食べる。無理なら調理してから冷蔵庫で保存。

骨粗鬆症に食べたい食品「さんま」 | 健康メモ

カキ

肝機能の強化や味覚の正常化に働く

カキ
カキ

カキ の特徴的な栄養素は、 100 g あたりカルシウム 88 mg 、マグネシウム  74mg 、亜鉛 13.2  mg 。体を潤して血を補い、精神を落ち着かせる作用があります。

イライラや不安感、憂うつを解消する効果に優れ、ストレスを跳ね返す強い心身を作る作用があります。

栄養価に優れた食材

牡蠣 ( カキ ) といえば、「海のミルク」とも呼ばれるほど栄養価の高い食材として知られています。

その栄養価については、 ビタミンB1 や B2 、カルシウム 、 鉄 や 亜鉛 など ミネラル類 が豊富です。

そのほか糖質も多いのですが、そのほとんどは グリコーゲン という旨み成分が占めています。

グリコーゲン は、体内では通常肝臓に貯蓄されていて、エネルギーが不足するとスタミナ源となり、疲労回復や虚弱体質の改善に効果をあらわす成分です。

カキ のタンパク質はほかのさまざまな魚介類と比較すると少なめではありますが、このタンパク質は、必須アミノ酸が含まれた良質なものです。

豊富なミネラル類が丈夫な体をつくる

カキ は、さまざまな食材の中でも特に亜鉛を豊富に含んでいます。亜鉛には細胞が成長するのをサポートする働きがあって、これが不足すると成長障害や味覚の異常などが起こる可能性があります。

鉄や銅には血液を増やして内臓の栄養不足を補う作用があります。もともと体の弱い人や長い期間病気を患っている人、貧血のある人などに良いです。

肝機能を強化する

アミノ酸の一種であるタウリンは、中性脂肪を減らし、LDL(悪玉)コレステロールを抑制する胆汁の分泌を促し、肝臓の働きを活発にします。動脈硬化を防いで、血圧を正常に保ち、心臓の負担を軽くするのにも効果的です。

また、アルコールの毒を消し、のどの渇きを癒やすので、二日酔いや悪酔いを防ぎます。

→ 二日酔いには解毒作用のあるシジミも効きます。

カキ にプラスすると効果的な食材

カキと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

フライや鍋の具としておいしいですが、栄養成分を活かすには生で食べるのが最適です。レモン汁やショウガと一緒に食べると、効能を高めるとともに中毒を防ぎます。
冷え症の人は生ガキを食べ過ぎると余計に体が冷えるので注意が必要です。

選び方

殻はしっかりと閉じているものを選ぶ。身はふっくらと太っていてツヤがあり、周囲のひだが黒く鮮やかなものを選ぶ。

保存方法

冷蔵庫で保存するが、傷みやすいので、買ったその日に食べる。生で食べるときには、中毒の心配があるので、濃い目の塩水で洗い出して汚れを十分にとってからで洗って殺菌すると安心です。

夏が旬の岩牡蠣は、食中毒を起こしにくいので心配な人は岩牡蠣がおすすめです。栄養もたっぷりです。

 

にきび、風邪、糖尿病、老化防止まで、現代人が必要とするミネラル「亜鉛」 | パワー

タイ

体力と気力を充実させる

鯛

タンパク質が豊富で脂肪が少ない魚

鯛 ( タイ ) は、高タンパクで低脂肪の白身魚です。味はあっさりと淡泊で消化吸収が良いので、胃腸が弱っている時や体力が落ちている時、小さな子供やお年寄りにもおすすめの食材です。

脂肪分が少ないため鮮度が落ちにくく、鮮度が落ちても分解されにくい性質のイノシン酸が含まれているので、腐敗の進行を遅らせ味が落ちるのを防ぎます。

特徴的な栄養素は、100gあたり、たんぱく質 20.6g、カリウム 440mg、ビタミンD 5.0μグラム。

疲労を回復させ体に力をつける

タイ は胃腸をあたためて調子を整え、気力を充実させるはたらきがあります。これは、白身魚に多く含まれているタウリンの効能によるものです。

タウリンには疲労回復の作用があって体を元気にするはたらきが強いのですが、ほかにコレステロールを低下させる作用などもあり、視力の回復、高血圧や肝臓病の予防にも効果的です。

うまみ成分であり核酸の一種であるイノシン酸が有効な活力源となって、細胞の再生にとても役立ち、老化防止になります。

また、真鯛(マダイ)の皮の赤い色はアスタキサンチンという色素成分で、これには抗酸化作用があり、免疫力を高めます。

胃腸を丈夫にする

カルシウムの吸収を良くするビタミンDやマグネシウム、増血に必要な鉄分の吸収を良くする銅、ガンができるのを抑制するゲルマニウムやセレニウムなども含まれています。

これらの栄養成分の総合的なはたらきによって、増血作用が発揮され、常食することで肌の血色が良くなり、胃腸を丈夫にします。腎臓の機能を高めるはたらきもあって、むくみを改善します。

ナイアシンは、胃腸のはたらきを良くするほか、コレステロールを減少させるはたらきもあって、血圧を下げ動脈硬化を防ぎます。

タイ にプラスすると効果的な食材

タイ と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

蒸して、 わさびショウガ を一緒に摂ると食欲が出るし、消化が良くなって、いっそう元気が出ます。タイの味も引き立ちます。

まぐろ

赤身とトロでいろいろな栄養が摂れる魚

まぐろ 鮪
まぐろ 鮪

まぐろ は、日本人には古くから食べられてきた食材で、現在でもお寿司やお刺身には欠かせない魚です。

種類や部位によって栄養価は異なりますが、体を丈夫にするタンパク質、疲労回復に役立つビタミンB1、貧血を予防する鉄などのミネラルが豊富です。

消化が良いので、虚弱体質の人の体質改善にも良いとされてきました。

赤身はタンパク質が豊富

まぐろ の赤身は低脂肪で、タンパク質の含有量が魚のなかではトップクラスです。しかも、アミノ酸バランスのとれた良質なタンパク質で、栄養的にとても優れています。

タンパク質は体のもとをつくる重要な栄養素なので、不足すると、血管がもろくなったり、免疫力が低下して病気にかかりやすくなったり、脳の機能が低下したりします。

赤身には増血作用のある鉄も多く含まれていて、貧血を防ぎ、めまい、動悸や息切れ、冷え症にも効果的です。

豊富なタンパク質が鉄の吸収を助ける働きをすることから、こうした効果のパワーアップに期待できます。

血合いの部分には、抗酸化作用を発揮し老化を防ぐビタミンEや、動脈硬化を防ぎ肝機能を高めるタウリンが豊富に含まれています。

脂身のトロは DHA の宝庫

まぐろ の脂身であるトロには、不飽和脂肪酸の DHA (ドコサヘキサエン酸)がたっぷりと含まれています。

DHA には脳の機能を高める作用があり、成長期の子供の脳を発達させ、成人の脳を活性化させます。

記憶力や集中力の向上に力を発揮し、不足すると脳のはたらきが悪くなって老化や痴呆につながります。

また、同じく不飽和脂肪酸で、血液サラサラ効果で知られ、動脈硬化を予防する EPA (エイコサペンタエン酸)も含まれています。中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、高血圧をはじめ、さまざまな生活習慣病を防ぎます。

まぐろ にプラスすると効果的な食材

まぐろ と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

DHA と EPA には体にうれしいはたらきがたくさんありますが、脂が乗っているぶんカロリーが高いので食べ過ぎに注意しましょう。

まぐろ には DHA もEPA も含まれています。加熱しても成分は変化しませんが、脂肪量が減少しない生食がベストです。クロマグロなら脂肪の量が増える冬場が最適です。

DHA EPA の詳しい効能 効果 はこちら。

赤身
もっとも量が多い部位。独特の甘みと香りがある。表面のキメが細かいものが美味。
中とろ
適度な脂ののりで、中トロを好む人は多い。身のしっかりしたものを選ぶ。
大とろ
脂質含有量は約 4 割と高めでとろけるような舌触りが特徴。