春菊

胃腸を丈夫に、ウイルスへの抵抗力を高める

春菊
春菊

胃腸を正常化する

春菊にはβ-カロチンが豊富に含まれていて、その量は、同じ緑黄色野菜であり栄養豊富なことで知られるほうれん草と比べても負けないくらいです。

β-カロチンは、体内でビタミンAに変化し、皮膚や粘膜などを丈夫にして抵抗力を高める作用があります。また、傷ついた細胞を修復し、病気の回復を助けてくれます。

春菊に含まれるβ-カロチンは、茹でることで濃縮されて増え、同時に薬効も増す、といわれています。

おひたしなどにして毎日食べるようにすると、胃腸を丈夫にします。胃もたれや胸やけ、便秘を改善するのに役立ちます。胃腸の機能が正常化されると、便通が良くなり、口臭も無くなります。

呼吸器の調子を整え気道の炎症を取り去り、たんを切ったり、せきを止めたりします。

春菊には、β-カロチンのほか、ビタミンCやビタミンB2などのビタミン類、鉄分やカルシウム、カリウムといったミネラル類が豊富です。

ビタミン類は風邪や肌荒れの予防に役立ちます。食物繊維が便通を整え、大腸ガンの予防にもはたらきます。

香り成分でリラックス

春菊は独特の香りをもっていますが、この香りのもとはα-ピネンやリモネンなどの精油成分で、自律神経に作用し、血流を整えて、精神を安定させます。不安感を取り除いて、良く眠れるようにしてくれます。

春菊にプラスすると効果的な食材

春菊と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

アクが少ないので下茹での必要はなく、ビタミンCは加熱調理しても壊れにくいという特徴があります。β-カロチンは、油と一緒に摂ることで吸収率がアップします。

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください