シジミ

肝機能の向上、貧血の改善に

体の余分な熱をとり、余分な熱を冷まし解毒する作用があります。尿がでにくいなどの症状を改善します。

栄養価の高いシジミ

しじみ
しじみ

特徴的な栄養素は、100gあたり、カルシウム 130mg、鉄 5.3mg、洞 0.42mg、ビタミンB2 0.25mg、ビタミンB12 62.4μグラム。

シジミは、カルシウムなどのミネラル類、ビタミンB群、鉄分、タンパク質などを豊富に含まれた栄養価の高い食材で、薬効でも注目されています。

肝臓や貧血、虚弱体質の改善に良いと昔からいわれ、「土用シジミは腹ぐすり」ということばがあるように、夏バテなどで疲れた胃腸や肝臓を回復させて、元気にしてくれます。

肝臓を強くする成分

シジミが肝臓に良いといわれるのは、良質のタンパク質に加え、アミノ酸のタウリンやオチアミン、オルニチン、コハク酸などが含まれているからです。これらには、胆汁の分泌を促して肝臓の解毒作用を活発にするはたらきがあります。さらに、ビタミンB12と協力し、肝臓の機能を向上させてくれるのです。

ただし、すでに慢性肝炎や肝硬変の診断を受けている人にとっては、逆効果となります。シジミには鉄分が豊富に含まれているのですが、肝機能が悪い人だと肝臓に過剰な鉄が蓄積されてしまい肝機能に障害がおこります。肝臓に良いといわれるシジミですが、摂取に注意が必要な人もいるのです。

二日酔いにはシジミ汁が効くというのは、解毒作用によるものです。肝臓で処理しきれなかったアルコールが有害物質に変化し、血液中に残るといわゆる二日酔いの状態となるのですが、シジミの成分が有害物質を解毒します。

アルコールの飲みすぎが気になる人はこちらも参考になります。

貧血や虚弱体質を改善する

ビタミンB2、ビタミンB12には補血作用がありますが、これらにプラスして鉄分が豊富なので、相乗効果で悪性の貧血に効きめをあらわします。また、血液の循環を良くして虚弱体質の改善にもつながります。

シジミにプラスすると効果的な食材

シジミと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

シジミ汁にして汁ごと飲むと、ビタミンB12などの栄養を、より多く摂取できます。

選び方

口がしっかり閉じていて、殻の色が濃く、殻が分厚くないものを選ぶ。

保存方法

ポリ袋に入れて密閉し、冷蔵庫へ。砂抜き後、からごと冷凍保存できる。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください