キュウリ

水分補給、炎症の除去

熱を下げ炎症をとる

キュウリは、ほかの野菜と比べると栄養価が少ないといわれています。しかし、大切なはたらきをする成分も含まれています。

キュウリの成分は実に90パーセント以上が水分です。この豊富な水分には特有の成分が含まれていて、キュウリを生で食べることで体内の余分な熱をとり代謝機能を調整したり、炎症を鎮めたりします。熱をともなう病気や、口の渇き、のどの腫れや痛みなどに効果的です。

利尿作用で血圧を正常にする

ほかにはカリウムが豊富で、体内の余分なナトリウムを排出し血圧を正常に保つはたらきがあります。ですから、夏の暑い時期には水分補給にもなるし、熱中症や夏バテの予防のためにも毎日でも食べたいものです。利尿作用がありますから、むくみを改善するのにも役立ちます。

また、キュウリの頭のほうの部分には、「ククルビタシン」という苦味成分が含まれています。これには、抗ガン作用があることがわかっています。

キュウリにプラスすると効果的な食材

キュウリと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • カボチャ、レタス、とうがん、酢
    ▶手足のむくみをとる
  • なす、しそ、わかめ、酢
    ▶血圧を安定させる
  • せり、すいか、カニ、カキ
    ▶熱を下げ、炎症を鎮める
  • ごぼう、みょうが、パセリ
    ▶扁桃腺炎、口内炎を改善する

食べ方のポイント

熱を冷まし、利尿作用があるキュウリに、疲労回復にはたらく酢を合わせると、暑さで食欲が無いときに良く、血圧を安定させます。

ただし、体を冷やす性質をもった野菜ですから、特に冷え性の女性は、食べ過ぎには気をつけたほうがよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です