健康のためにはミネラル豊富な自然塩

塩

人間の体は、海水と同じミネラルバランス

食塩の成分は98% 強が塩化ナトリウムです。大別すると、自然 塩 と精製 塩 があります。

自然 塩には、カルシウムやマグネシウム、鉄分、リン、銅、ヨウ素などミネラル( ニガリ) が豊富に含まれ、味にまるみやコクがあります。これに対し、精製 塩は原料 塩 から電気分解によってニガリをのぞき、塩化ナトリウムを集めたもので、ミネラルはほとんど含まれていません。

日本人に不足しているマグネシウムを補う赤穂化成のにがり水「天海のにがり」

海水と人体のミネラル成分のバランスはほぼ同じなので、 塩 は人体の生命維持に不可欠だといわれます。

塩分のとりすぎは高血圧、心臓、腎臓に負担をかける

食塩の主成分である塩化ナトリウムは、血液の浸透圧をコントロールし、水分を保持する働きがあります。

人間の血液や体液は0.8〜0.9% の塩分を含んでいますが、料理の塩加減も同じくらいが理想です。1日平均15 g前後を摂取していますが、6 g以下にしたいものです。

塩分をとりすぎるとカリウムの激減を招き体液のバランスがくずれ、むくみや心臓、腎臓の障害、高血圧や脳卒中などを引き起こし、逆に摂取量が少なすぎると、食欲不振や倦怠感、活力減退を招きます。

胃腸を整え、筋肉や神経の高ぶりを鎮める

塩の適度な摂取は胃腸を整える効果があります。また、筋肉や神経の興奮を鎮める作用があります。

炎症を取りのぞき、殺菌作用もあるので、歯茎の腫れや歯槽膿漏にも効果的です。

また、血行をよくするので、疲労回復やむくみ、冷え性、リウマチなどにも効果を発揮します。

便秘症には、空腹時にコップ1杯の水に塩小さじ1杯を溶かした塩水を飲むと効果的です。

虫刺されには、患部を水で洗ってきれいにしてから塩をすり込むと、消毒され、かゆみが止まります。

塩 の効果をさらにアップさせる食材

しょうゆ

胃腸を整え、殺菌作用も

しょうゆ
しょうゆ

旨み成分が料理に風味を与え、食欲増進効果も

しょうゆ は、 大豆 小麦 を原料にした日本独自の調味料で、発酵過程でできる旨み成分、甘味成分、酸味成分、苦味成分などが含まれ、料理にまろやかな風味を与え、食欲を増進させます。

旨み成分はグルタミン酸を主体にしたアミノ酸。甘味成分はブドウ糖など。酸味成分は乳酸、酢酸、リンゴ酸などで、味にしまりをもたせ、塩味をやわらげます。苦味成分はぺプタイド類などで、コクをつける働きがあります。
グルタミン酸を摂取する | 腸ストレスの影響と解消方法

アミノ酸が胃液の分泌を高め、消化をよくする

しょうゆは、食塩濃度が高く、ごく一般に使われる濃口しょうゆが18% 、淡口しょうゆは19.7% に及びます。

塩分のとりすぎは高血圧などの誘因にもなり、気をつけなければいけませんが、最近は塩分を10% 前後に抑えた減塩しょうゆも出回っています。

割り醤油をうまく活用することで減塩に | 減塩食にチャレンジ – 高血圧を改善する方法

しょうゆには、アミノ酸の働きにより胃液の分泌を高める作用があり、消化をよくし、食欲を増進させます。

胃腸の調子がよくないときは、熱い番茶に生しょうゆを少量たらして飲みます。これに干しを加えると疲労回復にも効果があります。

熱を冷まし、大腸菌やブドウ球菌を殺菌する

また、しょうゆには、味噌と同様、熱を冷まし、胸苦しさを取りのぞく作用があります。

おできの初期や日射病で胸苦しいときに効果を発揮します。さらに食品に対する殺菌作用や防腐作用があり、しょうゆに漬けておくと、大腸菌やブドウ球菌、腸炎ビブリオなどを退治してくれます。

外用すれば、火傷、虫さされ、湿疹によるかゆみを抑えます。つき指で手の指が腫れて痛しょうゆハチミツを加えて少し温め、そのなかに患部を浸すと痛みがやわらぎ治癒が早まります。

しょうゆ の効果をさらにアップさせる食材

砂糖

黒砂糖は貧血を治す特効薬

黒 砂糖
黒 砂糖

砂糖の過剰摂取は肥満、成人病の原因になる

砂糖 の主成分は糖質で、糖質は吸収が早いため即エネルギー源となり、一時的な疲労回復効果はあります。

しかし、とりすぎは肥満や動脈硬化、糖尿病など成人病の原因となります。また、 砂糖 は適度にとると胃腸機能を改善しますが、とりすぎはかえって胃腸を悪くします。

白 砂糖 には胃腸に働きかけ痛みをやわらげる作用がありますが、より薬効が強く発揮されるのは黒 砂糖 です。

黒砂糖は貧血に効く鉄分の補給源

黒砂糖は、精製度が低いので、カルシウムや鉄分、カリウムなどミネラルを多量に含み、またカロリーも低いアルカリ性食品です。

カルシウムはイワシの3倍も含み、骨や歯を強化するので虫歯になりにくく、子どもにも安心して与えることができます。カリウムは高血圧など成人病予防に役立ちます。

白砂糖にはほとんどない鉄分をたっぷり含んでいるのも大きな利点で、増血作用もあり、貧血に効果を発揮します。

黒砂糖は、冷えによる腹痛、下痢、生理痛を治す

中国では黒砂糖は、血流を増やし、体力を強化するものとして利用してきました。黒砂糖には、胃腸を養う働きと、血液の貯蔵庫である「肝臓」の機能を整える働きがあります。

胃腸の働きがよくなり、血流が増えるので貧血に有効です。さらに鉄分の作用がその効果をパワーアップします。また、筋肉の緊張をほぐし、痛みをやわらげる働きがあるので、冷えによる腹痛や下痢に効果があります。

血液の停滞を治す働きもあるので、腹部や肛門のうっ血を防ぐ効果もあります。さらに貧血や冷えが原因の生理痛、生理不順にも有効です。

砂糖 をさらに効果アップさせる食材

「生姜紅茶+黒砂糖」で体はほかほか

ハチミツ

即効性のある疲労回復効果

ハチミツ は、腸を潤す効果が高く、乾燥が原因の便秘に効果的です。弱っている脾と胃の働きを補って食欲不振、胃痛、腹痛を緩和します。

ハチミツ
ハチミツ

ハチミツ の特徴的な栄養素は、100 g あたり、炭水化物 79.7 g ビタミンC 3 mg 鉄  0.8 mg ビタミンB 1 0.01 mg ビタミンB2 0.02 mg 。

ミツバチが花から集めた蜜です。 ハチミツ の主成分は糖分で、果糖とブドウ糖から成ります。これらは単糖類なので、ほかの糖類のように代謝にビタミンB の助けを必要としません。

レモンのはちみつ漬けが疲労回復におすすめです。レモンのビタミンCと酢酸、はちみつのビタミンB1、B2が疲労を解消してくれます。

すぐに体内で消化吸収されてエネルギーになるので、疲労回復に即効性があります。

ハチミツ に含まれるイソマルトオリゴ糖の働きにより、腸内でビフィズス菌などの善玉菌を増やして整腸作用を発揮し、便秘にも下痢にも効果的です。さらに赤痢菌など病原菌を殺す作用も発揮されます。

すべすべの美肌を作り、クレオパトラも愛用

ハチミツ にはさらに、抗ストレスビタミンと呼ばれるパントテン酸が多く、怒りっぽくなったり夜、眠れないなどの症状に悩む人に効果があります。

また増血効果のあ6る鉄分や葉酸、口内炎や皮膚炎の改善に働くビタミンB6に富んでいます。そのほかビタミンB1、B2、C 、K などを含んでいるので、美容効果は抜群です。

口-セルゼリーは不老長寿の妙薬

ハチミツ は古来より不老長寿の食品として知られています。気道を潤し呼吸を調える作用や、皮膚や腸管を潤す滋潤作用、強壮作用などがあり、胃腸機能の減退も助けます。

小さじ1杯の ハチミツ をお湯にといて毎日飲んでいると胃・十二指腸潰瘍の治癒を早めます。

また消化管の緊張を緩める作用もあり、胃痛や腹痛を止める効果も発揮します。ローヤルゼリーは中国では「王乳」と呼ばれています。女王蜂に働き蜂の40倍もの寿命を与える力があるため、寿命をのばす効力があるといわれます。滋養、強壮、美肌効果があり、低血圧、貧血、更年期障害、便秘の人にも最適です。

ハチミツ にプラスすると効果的な食材

選び方

水飴などが添加されていない100%純正のはちみつで可能であれば国産品が望ましい。花の種類によって風味や味が異なるため、好みのものを選ぶ。

保存方法

直射日光の当たらない涼しい場所に保管し、虫などが入らないようにふたをきちんと閉める。
はちみつ (抗酸化作用が強力な天然甘味料) の代表的な 4 つの効能 | パワー

注意

1歳未満の赤ちゃんには食べさせてはいけません。ボツリヌス菌が入っていることがあり、1歳未満は中毒を起こす可能性があります。

みそ

健康のために欠かせない長寿食

みそ
みそ

みそ は、蒸した豆にこうじとを加えて発酵させます。使用するこうじの種類で、米みそ、豆みそに分かれます。米みそはさらに塩分濃度によって甘みそ、辛みそに分類されます。

消化吸収がよく、整腸作用に長けている

みそ は蒸した大豆に麹と塩を加えて発酵熱成させたもので、麹の種類によって、米味噌、麦味噌、豆味噌の3つに大別されます。

原料の大豆は良質のたんばく質を40 % も含んでいますが、その加工品である みそ が優秀なのは、発酵過程で酵素の働きにより、たんぱく質がぺプタイドやアミノ酸に分解され、消化吸収されやすくなっている点です。

また発酵熟成の過程で、大豆にはほとんど含まれないビタミン類が生成され、新陳代謝の促進に働きます。また麹菌が生産する麹酸は老化を防止する効果があります。

成人病や老化を防ぎ、頭脳を強化する

みそ は熟成してから加熱処理をしないので、たくさんの微生物が生きて活動しています。これら菌類が体内で有効に働き、バランスのとれた健康体をつくる手助けをしてくれます。

また みそ には、原料の大豆がもつ栄養がたっぶり含まれ、発酵過程で生まれた物質と相まって、数々の機能を発揮します。

リノール酸やサポニン、レシチンはコレステロールを洗い流し、ACE 阻害ぺプタイドと協力して高血圧や心臓病など成人病を防いでくれます。

動物実験で、血圧降下作用も認められています。ビタミンE やレシチン、イソフラボンなどが抗酸化作用を発揮し、脳卒中を防ぎながら脳を活性化し、老化を防ぎます。

塩分の多い みそ が槍玉にあげられたことがありましたが、その後の研究で、逆に味噌汁を毎日飲んでいる人は、飲まない人に比べて圧倒的に胃ガンの死亡率が少なく、マウスを使った実験でも肝臓ガンの発生を抑制することが分かり、味噌に含まれるゲネスチンなどイソフラボン類の抗ガン作用が注目されています。

みそ にプラスすると効果的な食材

味噌の驚くべき著効
https://useful-m.com/bean-p/

 

老化を防止し、食中毒を予防

酢

酢 の特徴的な栄養素は、100 g 中、炭水化物 21.9 g ナトリウム 4900 mg カルシウム  100 mg マグネシウム 75 mg 。

醸造酢 は食材の効能を高め食中毒を予防

醸造酢 は米などやこくと持つや果実を原料に、麹菌などを使用して発酵させたもので、クエン酸などの有機酸を多量に含み、アミノ酸もバランスよく含まれ、まろやかで風味豊かなな調味料です。

なかには、アルコールや酒粕に酢酸菌を加えて発酵したものも見られますが、有効成分の含有は段違いです。ラベルの原材料表示をよく見て購入しましょう。

酢 を使った料理は、保存性が高まるとともに材料の栄養分が体内に吸収されやすくなったり、体に有効に働く成分の効能が強化されるなど魔法の調味料です。

疲労回復、成人病予防に強力な殺菌効果も

酢の酸味成分は、素酸、クエン酸、リンゴ酸などの有機酸です。さらに風味と旨味を加えるのが遊離アミノ酸です。

酢 にプラスすると効果的な食品

選び方

直射日光の当たらない場所に保管され、製造年月日の新しいものを選ぶ。

保存方法

冷暗所に保存。空気中の酢酸菌が混入すると、浮遊物が生じ、風味が劣化することがあるため、開封後はキャップをきちんと閉める。

酢の関連サイト:
  • 食酢ランキング | お酢の健康メモ  酢 にはすべてに酢酸(さくさん)という栄養素が含まれています。酢酸には、血糖値や血圧を下げて、内臓脂肪を減らすはたらきがあります。酢酸が体内に入るとアデノシンという成分が分泌され、これが血管を広げることでさまざまな効能、効果を発揮します。
  • 発酵黒豆エキス 「発酵黒豆エキス」を開発したのは、熊本県球磨都にある老舗の蔵元です。500年以上も受け継がれた球磨焼酎の発酵技術を駆使して、造られています