グレープフルーツ

ビタミンCが豊富で心身の疲労回復に効果的

ボリュームがたっぷりのグレープフルーツは、みずみずしくて、酸味のほかにもほのかな苦味や甘味のある果物です。美容やダイエット、免疫系などに作用するビタミンCが豊富に含まれていますが、ストレスの緩和にも大きく関わっています。

疲れをとり風邪を予防する、高血圧を予防する

グレープフルーツにはビタミン類が豊富に含まれていて、糖質は少なく低カロリーです。特にビタミンCはほかの柑橘類と比べても多く含まれています。ビタミンCは、疲労の回復、風邪の予防や回復に優れた力を発揮します。ほかにもさまざまな抗ガン成分が含まれているため、発ガンを抑制し、ガンを予防する効果が期待されています。

また、グレープフルーツには、肝臓の機能を高めるはたらきもあります。イノシトールという成分が不摂生な食事や生活などによって起こる脂肪肝を予防し、肝臓の機能を正常に保ちます。

食物繊維のペクチンは、血中コレステロールを減らし高血圧や動脈硬化を防ぎます。また、カリウムも、血液中の塩分を調整し高血圧を防ぎます。

美肌をつくる、ストレスを和らげる

ビタミンCには、肌に潤いを与え美肌をつくる効果があります。コラーゲンを生成したり、紫外線の影響によるメラニンを抑制しシミやソバカスを予防して、美白へと導いてくれます。また、活性酸素を除去して老化を防止します。

酸味のもとのクエン酸も豊富で、食欲を増進させ、胃腸の機能を高めます。新陳代謝も活発にして、疲労回復に効果をあらわします。酸っぱいものを食べると唾液が出るものですが、この唾液には若返りや老化防止のホルモンが含まれています。

ビタミンCのはたらきとしては、抗ストレスや抗酸化作用が強いことも知られています。ビタミンCが不足すると、肌の調子が悪くなる以外にも、イライラしたり情緒不安定になったりもします。私たちの体の中では、ストレスがかかると、アドレナリンという抗ストレスホルモンが分泌されるようになっているのですが、副腎でホルモンが合成される時には大量のビタミンCが必要になります。

グレープフルーツにプラスすると効果的な食材

グレープフルーツと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • いちご、りんご、栗
    ▶疲労を回復する、美肌をつくる
  • はちみつ、アルコール
    ▶ストレスを緩和する
  • トマト、ブロッコリー、ブルーベリー、さくらんぼ、あずき
    ▶ガンを予防する
  • スイカ、キウイフルーツ、いちじく、ごま
    ▶心臓発作や脳卒中を予防する

食べ方のポイント

グレープフルーツのしぼり汁にはちみつを加えてお湯を注いだあたたかい飲みものは、寝つきが悪かったり、イライラしたりする高ぶった神経を鎮静させるのに効果的です。

輪切りにしてスプーンですくって食べることが多いと思いますが、ペクチンのはたらきを強くするためには、果実の袋の部分も一緒に食べると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です