さつまいも

さつまいも の栄養や効能 効果 そしてどんな食材と組み合わせるとより効果が高まるかを紹介します。さつまいもがガン、特に肺ガンを完全にではないのですが、予防することは証拠に照らして明かです。

さつまいも 便通を整え、ガンを予防する

さつまいも
さつまいも

便秘解消のための味方

さつまいも には、食べるとすぐにわかるように、食物繊維が豊富に含まれています。この繊維は腸では吸収されず、吸水性が高いので、便のかさを増してやわらかくする働きがあります。

腸のぜん動運動を活発にすることもあり、習慣性便秘で悩んでいる人の強い味方です。

便秘が続いて腸内に老廃物が溜まると、腸内環境が悪化して、肌荒れのほか、体のいろいろな部分に悪影響をもたらします。

食物繊維は消化管の掃除もおこない、コレステロールを排泄し、発ガン性物質を無毒化して吸着して排泄する作用もあり、大腸ガンの予防になります。

いも類ではビタミンC が豊富

さつまいもは、食物繊維のほかに、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンE、カリウムなども豊富です。特にビタミンCの含有量は多く、いも類の中ではトップです。

そして、さつまいも のビタミンCは、ほかの野菜と比べ、熱に強いというのが特徴です。

芋類のビタミンCは熱に壊れにくく美容食として最高

ビタミンCには、風邪やウイルスに感染するのを予防したり、発ガン物質が発生するのを抑制したり、シミやそばかすを防いで美肌を保ったり、ストレスをやわらげたりする働きがあります。ビタミンC が多く含まれる食材

さまざまに作用する糖脂質

さつまいも の成分の中には、糖脂質の一種のガングリオシドや糖タンパクなどがあります。ガングリオシドには、ガンの発育を抑制して細胞を正常化する効果があることがわかっています。

糖タンパクについては、免疫力を増強する作用、コレステロールを排泄し動脈硬化を改善する作用、関節内部の膜を保護する作用などがあり、さまざまな効果が期待されています。

さつまいも プラスすると効果的な食材

さつまいも と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

食べ方のポイント

さつまいも は皮の部分に特に栄養が含まれているので、皮ごと食べるのがおすすめです。
栄養を逃さないで食べるには、焼くのが一番です。切らずにまるごと加熱するとビタミンの損失が少なくて済みます。ふかして食べるときは、電子レンジを利用すれば短時間の加熱で済むので効果的です。

選び方

さつまいも は、太くずんぐりとした形で重みがあり、皮の色が鮮やかで表面の凹凸がなく、ひげ根のないもの。

保存法

寒さに弱いので表面をよく乾かしてから、新聞紙に包んで段ボール箱に入れて常温で保存。

3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください