タイ

体力と気力を充実させる

タンパク質が豊富で脂肪が少ない魚

鯛(タイ)は、高タンパクで低脂肪の白身魚です。味はあっさりと淡泊で消化吸収が良いので、胃腸が弱っている時や体力が落ちている時、小さな子供やお年寄りにもおすすめの食材です。脂肪分が少ないため鮮度が落ちにくく、鮮度が落ちても分解されにくい性質のイノシン酸が含まれているので、腐敗の進行を遅らせ味が落ちるのを防ぎます。

疲労を回復させ体に力をつける

タイは胃腸をあたためて調子を整え、気力を充実させるはたらきがあります。これは、白身魚に多く含まれているタウリンの効能によるものです。タウリンには疲労回復の作用があって体を元気にするはたらきが強いのですが、ほかにコレステロールを低下させる作用などもあり、視力の回復、高血圧や肝臓病の予防にも効果的です。

うまみ成分であり核酸の一種であるイノシン酸が有効な活力源となって、細胞の再生にとても役立ち、老化防止になります。また、真鯛(マダイ)の皮の赤い色はアスタキサンチンという色素成分で、これには抗酸化作用があり、免疫力を高めます。

胃腸を丈夫にする

カルシウムの吸収を良くするビタミンDやマグネシウム、増血に必要な鉄分の吸収を良くする銅、ガンができるのを抑制するゲルマニウムやセレニウムなども含まれています。
これらの栄養成分の総合的なはたらきによって、増血作用が発揮され、常食することで肌の血色が良くなり、胃腸を丈夫にします。
腎臓の機能を高めるはたらきもあって、むくみを改善します。

ナイアシンは、胃腸のはたらきを良くするほか、コレステロールを減少させるはたらきもあって、血圧を下げ動脈硬化を防ぎます。

タイにプラスすると効果的な食材

タイと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • 山芋、にんにく、梅、ぶどう、酢
    ▶体を強く元気にする
  • 大根、ネギ、カボチャ、栗
    ▶胃腸を強くする
  • かぶ、レンコン、ネギ、ショウガ、にんにく
    ▶冷え症・貧血を改善する
  • アスパラガス、ニンジン、大豆、ほたて貝、ごま、酢
    ▶高血圧を改善する

食べ方のポイント

蒸して、わさびやショウガを一緒に摂ると食欲が出るし、消化が良くなって、いっそう元気が出ます。

まぐろ

赤身とトロでいろいろな栄養が摂れる魚

まぐろは、日本人には古くから食べられてきた食材で、現在でもお寿司やお刺身には欠かせない魚です。

種類や部位によって栄養価は異なりますが、体を丈夫にするタンパク質、疲労回復に役立つビタミンB1、貧血を予防する鉄などのミネラルが豊富です。消化が良いので、虚弱体質の人の体質改善にも良いとされてきました。

赤身はタンパク質が豊富

まぐろの赤身は低脂肪で、タンパク質の含有量が魚のなかではトップクラスです。しかも、アミノ酸バランスのとれた良質なタンパク質で、栄養的にとても優れています。タンパク質は体のもとをつくる重要な栄養素なので、不足すると、血管がもろくなったり、免疫力が低下して病気にかかりやすくなったり、脳の機能が低下したりします。
赤身には増血作用のある鉄も多く含まれていて、貧血を防ぎ、めまい、動悸や息切れ、冷え症にも効果的です。豊富なタンパク質が鉄の吸収を助ける働きをすることから、こうした効果のパワーアップに期待できます。

血合いの部分には、抗酸化作用を発揮し老化を防ぐビタミンEや、動脈硬化を防ぎ肝機能を高めるタウリンが豊富に含まれています。

脂身のトロはDHAの宝庫

まぐろの脂身であるトロには、不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)がたっぷりと含まれています。DHAには脳の機能を高める作用があり、成長期の子供の脳を発達させ、成人の脳を活性化させます。記憶力や集中力の向上に力を発揮し、不足すると脳のはたらきが悪くなって老化や痴呆につながります。

また、同じく不飽和脂肪酸で、血液サラサラ効果で知られ、動脈硬化を予防するEPA(エイコサペンタエン酸)も含まれています。中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、高血圧をはじめ、さまざまな生活習慣病を防ぎます。

まぐろにプラスすると効果的な食材

まぐろと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • 山芋、栗、納豆、味噌
    ▶虚弱体質を改善する、疲労を回復する
  • モロヘイヤ、ごぼう、にんにく、ネギ、ショウガ
    ▶高血圧、動脈硬化、脳卒中を予防する
  • ニラ、山芋、カシューナッツ、パパイヤ
    ▶老化を防止する

食べ方のポイント

DHAとEPAには体にうれしいはたらきがたくさんありますが、脂が乗っているぶんカロリーが高いので食べ過ぎに注意しましょう。

サケ

血栓を防ぎ、体を元気にする

活性酸素を除去する

サケは身の色は赤いですが、もともとは白身魚です。この赤みは、サケのエサとなるカニやえびなど甲殻類に含まれるアスタキサンチンという成分で、身が赤いほどアスタキサンチンの含有量が豊富です。

カロテノイドの一種であるアスタキサンチンには強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去して、ガンの発生を抑制します。アスタキサンチンは、脳や目の奥など栄養が届きにくいところまでしっかり届き、眼精疲労の改善や動脈硬化の予防に働きます。
アンチエイジングや生活習慣病の予防などさまざまな効能が期待でき、サプリメントや化粧品にも使われたりしています。

血栓症を予防する、脳の機能を高める

サケの脂は、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)という不飽和脂肪酸です。どちらにも、血液をサラサラにして、血栓をつくらせない働きがあります。

DHAは脳の発達を助けるといわれていて、神経伝達物質の量を増やし、情報伝達の能力を向上させる働きがあります。認知症を予防する効果でも期待されています。EPAとの相乗効果で、脳内の血管を健康に保ちます。EPAは血小板凝集抑制の効果が高く、血液の流れを良くし、さまざまな生活習慣病を予防する働きがあります。HDL(善玉)コレステロールを増やし、LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪を減らして、血液をサラサラにします。高血圧の予防・改善に効果的です。

胃腸をあたため、滋養をつける

サケには、胃腸をあたためて消化機能を増進し、気力を増す効能があります。体力が衰えている、胃腸が弱っている、体が冷えて食欲がない、といったときに効く滋養食材です。

豊富なタンパク質、栄養素の代謝を良くして体にちからをつけるビタミンB1やB2、カルシウムの吸収を良くするビタミンDも含まれています。

サケにプラスすると効果的な食材

サケと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • アスパラガス、しいたけ、みつば
    ▶血栓を予防する
  • レンコン、ほうれん草、ごま
    ▶体をあたためる、冷え症を改善する
  • アスパラガス、白菜、みつば
    ▶胃腸の働きを高める、体力を回復させる

食べ方のポイント

サケの皮にはコラーゲンやDHAなどが豊富に含まれているので、残さず食べましょう。
サケにはアニサキスなどの寄生虫がいることが多いので、新鮮な鮭が手に入っても、家庭では生食は避けたほうがよいでしょう。店ではサーモンの刺身が出まわっていますが、一度冷凍して寄生虫を死滅させたものなどです。