すもも(プラム)

すももは口やのどの渇きを潤し、プルーンは貧血や便秘に効く

疲労を回復するすもも

甘酸っぱさが魅力のすもも。この酸味の成分は、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸で、疲労回復に役立ちます。疲れやすい人やスポーツをする人、肩こりや筋肉痛になりやすい人に効果的です。

果汁も豊富で、適度な甘さと酸味でのどの渇きを潤してくれます。熱があってのどが渇くときなどに最適です。夏バテや二日酔いの口の渇きにも有効です。

すももに含まれるカリウムには利尿作用があり、ナトリウムの排出を促して血圧を下げるはたらきがあります。また、肝機能を正常にするはたらきで、肝硬変によって起こる腹水を軽減させます。

そのほか、青紫の色素であるアントシアニンのはたらきによって、炎症を抑えたり、毛細血管を強化したり、眼精疲労の回復にも期待できます。

プルーンは特に薬効に優れた優秀な食品

西洋すもものひとつにプルーンがあります。一般的に、生のままのものをプラム、乾燥させたものをプルーンといいます。こちらも栄養価が高く、特に、干して乾燥させたプルーンは、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンE、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維といった栄養が濃縮されていて、とても優れた健康食品です。

たくさんの栄養の中でも、鉄分の含有量がほかの果物と比べるとズバ抜けて多く、貧血の予防に効果を発揮します。錠剤を用いると胃腸の調子が良くないという人でも、プルーンなら安心でしょう。

鉄分のほかにも、骨粗しょう症を予防するカルシウム、便秘解消に役立つ食物繊維のペクチンなど、女性にうれしい成分が含まれているのです。

すももにプラスすると効果的な食材

すももと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • いちじく、バナナ、あずき、牛乳
    ▶便秘を改善する
  • レモン、パイナップル、セロリ、ごま、落花生
    ▶高血圧を予防する
  • さくらんぼ、ブルーベリー、鶏卵
    ▶長引く熱を下げる

食べ方のポイント

皮に付いている白い粉のようなものを「ブルーム」といいますが、これは果実が新鮮な証拠です。熟したプラムは新聞紙や紙袋に入れて冷蔵庫で保存し、日持ちしないのでできるだけ早く食べましょう。

パパイヤ

消化吸収を助ける果物

南国を感じさせる果物のパパイヤ。生のままのパパイヤは日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、すばらしい効能をもっています。

ビタミンたっぷりで体を元気にする

パパイヤには特にビタミンCが豊富に含まれていて、2分の1個を食べると1日のビタミンCの所要量を満たすほどです。体内でビタミンAに変換されるカロテンも豊富だし、ビタミンB群も含まれています。

ビタミンCやカロテンは、粘膜を丈夫にして体に抵抗力をつけ、元気にしてくれます。細菌やウイルスに対抗する力で、免疫力を高め感染症やガンを防ぎます。また、ストレスの解消に役立ちます。肌に潤いを与え、シミやそばかすを防ぐので美肌にも効果的です。

血液の循環を良くする作用もあって、心臓病からくる胸の痛みや体のむくみなどを改善します。

パパイヤにはほかにも、クエン酸などの有機酸、カリウムなどのミネラル類、食物繊維も含まれています。

消化酵素パパインがタンパク質の消化を助ける

パパイヤには、パパインという酵素が豊富に含まれています。熟していない青パパイヤには特に多く含まれます。パパインは、動物性・植物性両方のタンパク質を分解し、消化吸収を良くします。消化に時間がかかる肉料理と一緒に食べることで胃腸の負担が軽くなり、胃もたれを解消します。当初はタンパク質の消化酵素と考えられていましたが、脂肪や糖質も分解することがわかっています。

パパイヤには整腸作用のある食物繊維も多く含まれていて、食物繊維がパパインと協力し、胃腸のはたらきを高めます。慢性的な消化不良や胃炎で胸やけを起こす人、食欲が落ちた人などに効果的です。

パパイヤにプラスすると効果的な食材

パパイヤと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • 梨、みかん、リンゴ、パイナップル、とうもろこし
    ▶慢性の消化不良、胃炎を改善する
  • いちじく、スイカ、キウイフルーツ、レモン
    ▶心臓病、むくみを改善する
  • 桃、くるみ、キュウリ、牛乳
    ▶肌をきれいにする
  • ぶどう、レモン、アボカド、アスパラガス、さつまいも、ヨーグルト
    ▶ガンを予防する、ガン細胞の増殖を抑制する

食べ方のポイント

パパインには肉をやわらかくするはたらきがあるので、熟していない果実を薄切りにして肉の間に挟んでおくと肉がやわらかくなり、おいしく仕上がります。

リンゴ

お腹の調子を整え、高血圧の予防にも良い

食物繊維が便秘も下痢も改善する

リンゴは、主な成分がブドウ糖や果糖といった糖質で、水分をおよそ80パーセント含んでいます。リンゴにはさわやかな酸味がありますが、酸味のもとになっているのはリンゴ酸とクエン酸です。豊富な酸が代謝や血行を良くして、疲労回復や食欲の増進にはたらきます。風邪をひいたときにすり下ろしたリンゴを食べると良いのは、消炎効果が期待できるからです。

果物としてはリンゴはビタミン類の含有量が少ないのですが、カリウムと食物繊維が豊富に含まれている特徴があります。水溶性食物繊維のペクチンは、腸内を酸性にしてビフィズス菌などの善玉菌を増やし、有害菌が繁殖するのを抑えるはたらきがあって、下痢を止めます。ペクチンは私たち人間の消化酵素では分解されずに、腸内をきれいに掃除して有害物質の排泄を促し便秘を改善します。また、不溶性食物繊維のセルロースが腸を刺激して活発化させ、腸内環境を整えて便を出しやすくします。便秘を解消するためには、水溶性と不溶性の食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。

血圧を下げ、生活習慣病を予防する

カリウムには、体内の余分な塩分を排出して、血圧を下げるはたらきがあります。利尿作用があるので、むくみを改善するのに良いです。

毎日、1日に1つリンゴを食べることで、血中コレステロールの値が下がり、善玉コレステロールが増えることに期待できます。こういったことから、動脈硬化や心臓病、脳卒中を防ぎます。血糖値を維持する効果や満腹感を長続きさせるはたらきもあって、糖尿病やダイエットに効果的です。

リンゴにプラスすると効果的な食材

リンゴと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • とうもろこし、パイナップル、みかん、びわ
    ▶胃腸を強くし、便秘や下痢を改善する
  • グレープフルーツ、アーモンド、アボカド
    ▶血中コレステロールを減少させ、心臓病を予防する
  • グリーンピース、バナナ、ぶどう、みかん
    ▶糖尿病を予防する

食べ方のポイント

ペクチンはリンゴの果肉よりも皮のほうが多く含まれているので、皮ごと食べたほうが効果がアップしやすいです。