いちご

豊富なビタミンCで美肌や生活習慣病予防

手軽にビタミンCを摂取できる果物

さわやかな甘酸っぱさや見た目のかわいらしさが魅力的ないちごですが、いちごはほかの果物と違って皮をむく手間が省けるので、手軽に食べることができるのも魅力です。

このいちごには、とても豊富なビタミンCが含まれています。ビタミンCの大きなはたらきには、風邪などの病気、ストレスへの抵抗力を高めることや、肌を白く、美しく保つことがあります。ビタミンCの100グラム中の含有量はレモン汁にも負けないほどで、大粒のものなら5~6粒食べれば、一日に必要な量を満たすことができるといいます。しかし、ビタミンCは人体では合成できないし、ストレスや喫煙などで破壊されてしまうので、意識的に摂りたい栄養素です。

ウイルスの繁殖を抑え、発ガンの生成を抑える

ビタミンCは、体内に侵入した細菌やウイルスを攻撃したり、同じようにはたらく白血球を強化してくれるので、ビタミンCを摂取することは、免疫力を向上させ、風邪などの感染症を予防したり、回復を早めるのに効果的です。

いちごには、アントシアニンやエラグ酸などのポリフェノールが含まれていますが、これらは強い抗酸化力をもっていて、ニトロソアミンという発ガン物質の生成を抑制します。

生活習慣病を防ぐペクチン

いちごに含まれるペクチンという食物繊維には、血中の悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを増やす作用があって、高血圧や動脈硬化、心臓病といった生活習慣病の予防にはたらきます。整腸作用もあるので、便秘や下痢を改善します。

食物繊維やビタミンC、鉄分などのはたらきによって胃腸を丈夫にし、食欲不振やお腹の張り、疲労回復などの症状にも効果をあらわします。

いちごにプラスすると効果的な食材

いちごと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • ブロッコリー、オレンジ、大豆、オートミール
    ▶ガンを予防する
  • アボカド、レモン、バナナ、くるみ
    ▶高血圧、動脈硬化を予防する
  • とうもろこし、りんご、ぶどう、さくらんぼ、栗
    ▶胃腸虚弱を改善する

食べ方のポイント

いちごの栄養を活かすためには、いちごを洗うときにヘタをつけたまま洗いましょう。ヘタを取ってから洗うと水っぽくなってしまうし、ビタミンCが水に溶け出して損失してしまいます。いちごジャムなどもおいしいですが、加熱することでビタミンCはほとんど無くなるので、生で食べるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です