さくらんぼ

疲労回復、貧血や冷え症の改善に

さくらんぼは、ソメイヨシノなどの一般的な観賞用の桜の木とは違う種類の桜の木に実がなり、桜桃(おうとう)ともいわれます。初夏が旬ですが、その時季が短いため店頭などに並ぶ時期も短い果物です。

さくらんぼの主成分はブドウ糖で、鉄分やカロテン、カリウムが豊富に含まれているのが特徴です。ほかにも食物繊維やさまざまなビタミン、ミネラルが少量ですがバランス良く含まれています。

鉄欠乏性貧血の方は、果物なら鉄が多いさくらんぼを積極的に食べるようにするといいでしょう。
女性に多い鉄不足の治療についてはこちらです。

鉄など女性に必要な成分が豊富

さくらんぼの主な成分はブドウ糖です。ブドウ糖は、体内で吸収されるのが速いので、疲労回復に効果的です。病後や産後の回復期や、疲労のため食欲が無いときにも効果があるといわれています。また、果物の中でもトップクラスの含有量を誇る鉄分は、貧血や疲労回復、冷え症の改善などにも効果的です。

そのほか、肌荒れや疲れ目を予防してくれるカロテンやむくみを予防してくれるカリウム、老化の原因となる活性酸素を除去するポリフェノールも含まれています。このように、美肌効果にも期待でき、特に女性にはうれしい成分が含まれていることがわかります。

カリウムは、余分なナトリウムの排出を促して高血圧を防いだり、利尿作用を発揮してむくみや腎臓疾患に対しても効果をあらわします。

ソルビトールが虫歯を予防、便秘を改善する

さくらんぼには、意外な成分が含まれています。それは、ソルビトールです。名前を聞いたことがあるかもしれませんが、ソルビトールは砂糖不使用のガムなどに使用されていて、口に入れるとヒヤッとした感じがする成分です。このソルビトールには、歯垢の増加を防ぎ、虫歯を予防するはたらきがあるといわれています。

虫歯は私たちの口の中にすんでいる細菌が糖質をもとに酸をつくり徐々に歯を溶かしていくことなどで起こりますが、ソルビトールには口の中にある酸への代謝をしにくくする性質があるので、虫歯になりにくい成分として、歯みがき粉などさまざまなものに使われているのです。

さくらんぼに含まれているソルビトールには、便に適度な水分を与えかさを増したりする作用があって、腸管が刺激されて便秘が改善するのにも期待できます。ただし、ソルビトールを大量に摂取するとお腹が緩くなることもあるので注意が必要です。

さくらんぼにプラスすると効果的な食材

さくらんぼと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • 落花生、きくらげ、黒砂糖
    ▶疲労を回復する、貧血を改善する
  • さつまいも、マンゴー、レモン、ヨーグルト
    ▶肌をきれいにする
  • ブルーベリー、スイカ、はとむぎ、あずき
    ▶腎臓結石・胆石を予防する

食べ方のポイント

さくらんぼは、収穫されると味がどんどん落ちていきます。軸が鮮やかな緑色のものを選んで買い、栄養を逃さないためにも、買ったらすぐに食べるほうが良いです。鮮度が落ちてしまった軸は茶色くなってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です