トウガラシ

血行を促進、胃腸のはたらきを高める

辛み成分が体をあたためる

トウガラシといえば、カプサイシンという辛み成分が含まれていることが知られています。特に種の近くにはカプサイシンが多く含まれているとされていて、この含有量が多いか少ないかで個々の辛みが異なるといいます。

香辛料の中でも体をあたためる作用が強いのが、このトウガラシです。体全体の血行を良くしてくれるので、体が芯からあたたまって、発汗が盛んになります。カプサイシンがエネルギー代謝を活発にすることによって体温が上昇し、発汗が促されるのです。トウガラシを食べると体が熱くなって汗をかきやすくなるのは、カプサイシンのはたらきによるものです。冷え性や肩こり、しもやけなどにも効き目をあらわします。

エネルギーの代謝を活発にさせるのは体脂肪の分解を促進するアドレナリンというホルモンで、効率良く脂肪を燃焼させることができるので、その結果、ダイエットにも効果的です。体内に入ったカプサイシンは、血液によって全身に運ばれ、脳や脊髄といった中枢神経を刺激します。この刺激が副腎皮質に伝わって、アドレナリンが分泌されます。

動脈硬化、高血圧を防ぐ

末梢血管を広げ血圧を下げるはたらき、動脈硬化の原因となるコレステロールを減少するはたらき、心臓のはたらきを高め血圧の上昇を抑える、腫瘍ができるのを抑えるなどのはたらきもあります。

カプサイシンは、冷えによって起こる消化不良の改善に効果を発揮したり、消化器系にはたらいて食欲を増進させます。また、胃腸の粘膜を刺激して胃液の分泌を促し、消化を助けて胃腸のはたらきを高めます。胃酸の分泌を調節して、胃潰瘍などの治癒の促進にもはたらくとされています。ただし、摂り過ぎは潰瘍部分を刺激することになるので気をつけましょう。

リウマチなどの痛みを緩和する

トウガラシには天然の強力な鎮痛作用があるとして、昔から用いられています。リウマチ、関節痛や神経痛、頭痛といった痛みに速く効くといわれています。鎮痛作用のメカニズムについてははっきりと解明されていないようですが、痛みを軽減させるはたらきがあることは明らかです。

トウガラシ成分の入った外用薬や入浴剤などを使用することで皮膚の温度が上昇し血行が良くなって、症状の緩和に効果をあらわすものと考えられています。

トウガラシにプラスすると効果的な食材

トウガラシと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • 大根、ハトムギ、イワシ、サバ
    ▶冷えで痛くなる関節炎を改善する
  • 小松菜、じゃがいも、とうもろこし、ニンニク、豚肉
    ▶胃腸を強くし、食欲を増進する
  • 白菜、キャベツ、トマト、れんこん、キクラゲ
    ▶胃・十二指腸潰瘍を予防、改善する
  • ごぼう、しょうが、ニンニク、大豆、昆布、わかめ
    ▶動脈硬化、心臓病を予防する

食べ方のポイント

トウガラシにはβ-カロテンが多く含まれているので、油で炒めると吸収が良くなります。また、にんにくと一緒に調理することで血行促進や抗酸化の効果が高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です