ほうれん草

優れた増血作用で貧血を防ぐ

貧血に対する効果は野菜で一番

ほうれん草には、鉄分や葉酸、マンガンといった増血作用がある成分が豊富に含まれていて、貧血を予防する効果は野菜の中では一番です。鉄分は赤血球の中のヘモグロビンには欠かすことのできない成分で、鉄分が不足すると貧血の原因となります。葉酸はビタミンBの一種ですが血液と関係が深く、骨髄の細胞の生育を促します。根の赤っぽい部分にはマンガンが含まれているのですが、これも血液をつくるのに必要な栄養素です。これらの相乗効果で、貧血の予防に大きな力を発揮します。

カロテンが視力の低下を防ぐ

カロテンが豊富な野菜というとトマトやピーマンがよく知られているところですが、実はほうれん草には、これらの10倍近くも多くの量のカロテンが含まれているのです。また、ビタミンCも豊富で、ほうれん草のおひたし1人前で、1日に必要なカロテンとビタミンCの量がまかなえます。

カロテンは目のビタミンといわれるほど視覚と関係が深く、老化にともなう視力低下、夜や暗い所で視力が著しく衰える夜盲症、高血圧や糖尿病による視力の低下などに効果的です。また、葉緑素と協力して、ガンの発生を抑えたり、コレステロールの排泄を促したりもします。

糖尿病、更年期障害を改善する

ほうれん草は亜鉛も豊富です。亜鉛は味覚を正常に保つはたらきがあります。また、インスリンの貯蔵を促す作用があって、糖尿病に有効なことがわかっています。さらに、ほうれん草にはホルモンのバランスをととのえるはたらきがあって、更年期の自律神経失調症や高血圧症の症状を緩和します。カルシウムは女性の閉経後のカルシウム不足を補うので、骨粗しょう症の予防になります。美肌効果もあるので、特に女性にとってはうれしいものです。体内の毒素の除去や内臓機能の向上、血液循環の促進といった作用が一緒になって、肌に潤いを与えてくれます。

ほうれん草にプラスすると効果的な食材

ほうれん草と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • カツオ、豚肉、鶏肉レバー、落花生
    ▶貧血を予防、改善する
  • イワシ、サバ、きくらげ、ごま
    ▶コレステロールを除去する、高血圧を改善する
  • 豆腐、牛乳、リンゴ、落花生
    ▶骨粗しょう症を予防・改善する
  • かぼちゃ、トマト、アスパラガス、牛乳
    ▶ガンを予防する

食べ方のポイント

カロテン、鉄分の吸収を良くするには、調理に油を使うのが効果的です。茹でる場合、茹ですぎるとビタミンCが半分近くも失われてしまうので注意しましょう。根元のほうから茹でると、茹ですぎを防げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です