ニラ

スタミナをつける強壮野菜

体を強く元気にするはたらき

ニラには、冷えた胃腸をあたため、胃腸の機能を高める作用があります。また、内臓全体の調子を整える作用があります。冷え症や便秘、胃炎、虚弱体質の改善にも効果的です。

精力を増進するはたらきがあることはよく知られていて、女性の場合には、ホルモンの調整をはかり子宮の機能を高めてくれます。

ニラは豊富なカロテンを含有している

ニラは、ビタミンA・B・Cなどといったビタミン類のほか、ミネラル類やカルシウムも豊富に含まれている栄養価の高いスタミナ野菜です。

カロテンというのは、体内に入るとビタミンAと同じようにはたらく物質に変換されるのですが、ニラに含まれるカロテンの量はほうれん草より多いといわれ、ニラ1束で1日分の所要量がまかなえるとされています。ビタミンAは油脂に溶ける脂溶性ビタミンで、目の健康の維持や、皮膚や粘膜を正常に保つはたらきをしています。また、活性酸素によって傷ついた細胞膜を修復して回復させるはたらきがあって、老化を防止したり、生活習慣病やガンの予防・治療などにも役立つ栄養素です。

疲労を回復、血栓を除去する

ニラのにおいの成分は、にんにくやたまねぎなどと同じで多種の含硫化合物です。これらは自律神経を刺激して新陳代謝を活発にし、ビタミンB1の吸収を良くします。ですから、疲労回復、食欲不振や精神不安の改善などに効果的です。

また、血液の循環を良くし、血栓やうっ血を除去する作用があって、心疾患や脳卒中の予防・改善に力を発揮します。止血作用もあるので、さまざまな部位からの出血を止めるのにも役立ちます。

発ガン抑制や血糖値低下に対し、βーカロテンなどとの協力作用も注目されているところです。

ニラにプラスすると効果的な食材

ニラと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • しじみ、スッポン、エビ、ドジョウ、豚肉、くるみ
    ▶疲労を回復する、精力を増進する、冷え症を改善する
  • 山芋、れんこん、しょうが、牛乳
    ▶胃腸を強くする、嘔吐や吐血を予防する
  • にんじん、しいたけ、パセリ、ブロッコリー、アボカド、レモン
    ▶ガンの再発を予防する、老化を防止する
  • しそ、せり、モロヘイヤ
    ▶生理痛、不正出血、おりものを改善する

食べ方のポイント

油を使って調理すると、βーカロテンの吸収率が良くなります。ニラに含まれる硫化アリルにはうまみ成分を増す効果があって、ビタミンB1が多い豚肉やレバーなどと炒めることで、おいしくてさらに体にプラスな料理になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です