たけのこ

便通を良くし、老化を防ぐ

食物繊維が豊富で低カロリー

たけのこは、少量のタンパク質やビタミンB群、ビタミンC、カルシウムなどを含んでいるくらいで、栄養価はそれほど高い食品ではありません。しかし、食物繊維とカリウムは豊富に含まれています。昔から腸をなめらかにする作用があることが知られていて、これは、やはり豊富な食物繊維のはたらきによるものです。食物繊維には、便秘を改善して大腸ガンを予防し、コレステロールの吸収を抑えるはたらきがあります。

カロリーが低いので、高血圧や動脈硬化といった生活習慣病を予防するのにも役立ちます。カリウムの利尿作用によって、体内の老廃物や余分な水分が排出されるので、高血圧やむくみの改善に効果的です。

老化を防止するうまみ成分

たけのこの穂先のやわらかい部分を姫皮といいますが、この部分には、うまみ成分のアスパラギン酸、グルタミン酸、チロシンが多く含まれています。チロシンは、たけのこを切ったときに出てくる白っぽい粉状のものです。これらのうまみ成分は、新陳代謝を活発にしたり、ホルモンの材料となって脳を活性化させたりと、老化防止に優れています。

ただし、時間が経過すると、このうまみ成分は「えぐみ」に変化してしまいます。えぐみ成分のシュウ酸は、カルシウムと結合すると結石を作ってしまうのです。そして、このえぐみ成分はたった一日で2倍以上に増殖するので、できるだけ新鮮なものを食べるか、すぐにアクを抜きましょう。

たけのこにプラスすると効果的な食材

たけのこと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • こんにゃく、しょうが、ごま
    ▶便秘を改善する
  • ごぼう、さつまいも、ブロッコリー、ちんげん菜、ひじき
    ▶大腸ガンを予防する
  • にんじん、ほうれん草、大豆、わかめ
    ▶高血圧を予防、改善する
  • やまいも、肉類、くるみ、ピーナッツ、レーズン
    ▶老化を防ぐ

食べ方のポイント

掘りたてのたけのこをすぐに食べるなら、アク抜きをしなくても、火で軽くあぶると食べられます。すぐに食べない場合は、アク抜きしてえぐみを取ってから、水に浸し冷蔵庫で保存しましょう。皮をむかずに茹でますが、このときぬかを入れるとうまみを逃がさず、アクが抜けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です