栄養価に優れた完全食品

卵焼きに目玉焼き、ゆで卵、オムレツなど、毎日卵を食べているという人は多いのではないでしょうか。
日本では江戸時代から食べられてきたという卵ですが、当時は庶民にはまだ高級品でした。手ごろな値段になり一般的に食べられるようになったのは、50年ほど前(昭和30年頃)からだといわれています。

卵というとさまざまな動物の卵がありますが、一般的にはにわとりの卵である鶏卵(けいらん)を指します。卵にはタンパク質のほか、たくさんのビタミンやミネラルが含まれていて、栄養価の高さから完全食品ともいわれます。

タンパク質は卵白(卵の白身)に多く含まれます。タンパク質を構成しているアミノ酸には20種類ありますが、その中で私たちの体にとって必要不可欠で、食事から摂取しなければならないアミノ酸のことを「必須アミノ酸」といいます。必須アミノ酸には、ロイシン、イソロイシン、リジン、トリプトファン、フェニルアラニン、メチオニン、バリン、スレオニンの8種類があります。

成人ではこの8種類のアミノ酸が必要なのですが、卵のタンパク質は、これらをバランス良くすべて含んだ理想的な組成です。体の免疫力をアップさせ、風邪をひきにくくしたり、生活習慣病を防いだりします。アミノ酸の中でも、豆類や穀類には少ないメチオニンが特に多く含まれるのですが、これは老廃物や毒素などを排泄します。また、ビタミンAやEなどは優れた抗酸化作用を発揮し、活性酸素の発生を抑えたり除去します。

卵には、骨や筋肉、血液、体液などの不足を補う作用があるので、衰弱した病後の体や栄養不足に効果的で、血液不足や体力の衰えによって起こるさまざまな症状にも効果をあらわします。めまいや目のかすみ、イライラや動悸に伴った不眠などにも有効です。

卵黄に豊富なレシチンが老化防止や健脳に働く

卵黄には、体に必要な脂肪がたくさん含まれています。中でも、脳や神経に最も必要なレシチンが3割近く含まれていて、記憶力や知能を向上させて老化やボケを防ぎます。このレシチンにはコリンという成分が含まれていて、これが脳を活性化させ、アルツハイマー病などの脳の組織の老化防止が期待されます。

卵にプラスすると効果的な食材

卵と次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • キャベツ、クルミ、豚肉、牛乳
    ▶記憶力や知能を向上する
  • ほうれん草、ぎんなん、せり、ほたて貝
    ▶めまい、目のかすみを改善する
  • しそ、ゆり根、カキ、小麦
    ▶動悸を伴う不眠を改善する

食べ方のポイント

卵は室温に戻してから使い、使う直前に殻を割ることで、味を落とさずに調理できます。栄養面からすると生食がベストですが、半熟卵のように少し加熱されているほうが、消化吸収率がアップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です