さやえんどう

さやえんどうは、えんどう豆が成熟する前の若いさやの状態で食べます。えんどう豆となり成熟した豆のほうは、グリーンピースとして食べます。

ビタミンCで美肌づくり

コラーゲンの合成に必要なビタミンCが多い

成長の途中に摘み取られるさやえんどうには、特にビタミンCが豊富に含まれています。さやえんどうに含まれるビタミンCには、風邪の予防や回復をしたり、肌荒れを改善したり、肌を美しく保つはたらきがあります。

ビタミンCは体内でコラーゲンの合成をするのに欠かせない栄養素です。コラーゲンは、皮膚のほか、骨や筋肉などを構成しているタンパク質で、それぞれの組織をつなぐという重要な役割をしています。ですから、不足すると粘膜が荒れたり、傷が治るのに時間がかかったりします。それに、肌荒れ、シミやシワ、そばかすができたりもします。

ビタミンや食物繊維で脂肪をためない

ほかには、βーカロテン、ビタミンB1やB2、食物繊維も多く含まれています。これらのビタミン類は、糖質と脂質の燃焼を助け、体内に脂肪が蓄積されにくくしてくれます。食物繊維は、腸内の掃除をして便秘を改善したり、コレステロールの排泄を促し動脈硬化や心臓病を防ぐようはたらきます。

胃腸の弱い人に良い

さやえんどうには、胃腸を丈夫にして体力をつけるはたらきがあり、胃腸が弱くて食欲がない人や下痢をしやすい人に効果的です。

さやえんどうにプラスすると効果的な食材

さやえんどうと次の食材の食べ合わせで、それぞれの健康への効果に期待できます。

  • たまねぎ、しそ、イカ、ホタテ
    ▶肌荒れの改善、美肌をつくる
  • みつば、わかめ、きくらげ
    ▶血流を良くする、心臓病を防ぐ
  • ねぎ、しょうが、鰹、鮭
    ▶胃腸の機能を促進する
  • キャベツ、ブロッコリー、しいたけ
    ▶ガンを予防する

食べ方のポイント

ビタミンCは熱に弱く水に溶けやすいので、調理時間を短くしましょう。炒めものなら最後に加え、煮ものならサッと茹でておいたものを、火を止めたあとに散らすと良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です